映画ニュース

最終更新日:2020年05月29日 12:38

梶芽衣子「YouTuberになります」公式YouTubeチャンネルで“ぶっち斬りトーク”

梶芽衣子がYouTubeの公式チャンネルを開設した。

2018年11月に「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018」授賞式に出席した梶芽衣子。

5月15日に第1弾となる動画「梶芽衣子『ぶっち斬りトーク』予告篇」を公開した梶。映像には、梶の自宅から届けられた音声メッセージが収録された。梶は、新型コロナウイルスの影響で仕事を中断し“ステイホーム”しているという近況を明かし、YouTubeでは社会や文化に関することや、自身の歴史に思うことなどを発信するほか、気が向けば歌いたいと語っている。またファンに向けて「元気な私を観ていただいて、少しでも元気を与えられたらいいなって」「YouTuberになります。よろしくお願いします」とコメントした。

2018年6月に東京・新文芸坐の「梶芽衣子映画祭」舞台挨拶に登壇した梶芽衣子。

また5月22日には「The Histry of Meiko Kaji~梶芽衣子の歴史」と題された動画も公開。梶本人からのメッセージに加え「修羅雪姫」シリーズ、「女囚さそり」シリーズ、「野良猫ロック」シリーズといった過去の出演作が紹介された。動画はすべて英語字幕付きとなっており、海外からの反響コメントも多数投稿されている。

映画ナタリーの取材によると「ぶっち斬りトーク」本編は、現在準備中とのこと。5月中には梶のプライベート写真と音声で構成された新たな動画を公開予定で、6月中には梶が姿を見せられるかもしれないとのことなので、ファンは楽しみに待とう。なお、動画の音楽と聞き手は作曲家の伊左治直が担当する。

映画ナタリー