音楽ニュース

最終更新日:2020年05月28日 16:21

GEZANマヒト、疫病の噂広がる村を描いた映画「破壊の日」で修験道者に

7月24日に公開される豊田利晃監督の新作映画「破壊の日」にマヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)が出演していることが明らかになった。

マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)

「破壊の日」は疫病の噂が広がる中、疑心暗鬼から心を病む者が増えていく村を舞台とした作品。主人公の関屋鉄平を渋川清彦が演じるほか、村の修験道の大先達・三日月次郎役でイッセー尾形、正体不明の怪物が発見された炭鉱の噂を調べる男・新野風役で松田龍平も出演する。マヒトは生きたままミイラ化した即神仏になろうとして行方不明となり、“物の怪に取り憑かれた世界を祓う”ため目を覚ます修験道者の若者・賢一を演じる。また映画の音楽を切腹ピストルズ、GEZAN、照井利幸、Mars89らが担当することも発表された。

なおMotionGalleryでは本作への支援を募るクラウドファンディングを6月5日まで実施している。

豊田利晃監督 コメント

緊急事態宣言が解除されたのでようやくキャストを発表できる日が来ました。しかし、まだ自粛の波は続き、コロナウイルスは社会に蔓延しています。そんな中でどんな映画作りができるのか誰にもわかりません。しかし、前向きに、完成を目指して突き進んでいきたいと思っています。
2020年に撮影、公開される新作がなければ映画館も寂しいものです。どうかお力をお貸し下さい。一寸先は光だと信じています。

音楽ナタリー