映画ニュース

最終更新日:2020年05月27日 17:03

ニコラス・ケイジが遭遇する“宇宙からの色”、ラヴクラフト原作映画が7月に公開

ニコラス・ケイジが主演を務めた「カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―」が、7月31日に公開。予告編がYouTubeで解禁された。

「カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―」ポスタービジュアル

「カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―」

クトゥルフ神話で知られるH・P・ラヴクラフトによる小説「宇宙からの色(別題:異次元の色彩)」を実写映画化した本作。ケイジが演じるのは、大都市の喧騒を逃れ、閑静な田舎に移り住んだガードナー家の大黒柱ネイサンだ。彼が夢にまで見た理想の生活は、庭に隕石が衝突したことで終わりを告げる。以来、一家は心と体に影響を及ぼす地球外変異体との闘いに明け暮れ、静かな田舎暮らしが極彩色の悪夢へと変わっていく。

「カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―」

監督は「ハードウェア」「ダスト・デビル」などを1990年代に発表したリチャード・スタンリー。ネイサンの妻テレサに「レッド・スパロー」のジョエリー・リチャードソン、長女ラヴィニアに「好きだった君へのラブレター」のマデリン・アーサーが扮している。ケイジとは「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」でも組んだイライジャ・ウッドやダニエル・ノアが製作に名を連ねた。

本作はH.P.ラブクラフト映画祭2019で作品賞と観客賞を獲得。トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門、シッチェス国際ファンタスティック映画祭でも上映された。

「カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―」は東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国ロードショー。なお原作は「新訳クトゥルー神話コレクション」の1つとして「宇宙の彼方の色」のタイトルで6月17日に刊行予定だ。

(c)2019 ACE PICTURES ENTERTAINMENT LLC. All Rights Reserved

映画ナタリー