映画ニュース

最終更新日:2020年05月26日 19:28

齊藤工が手がけたコロナ禍の新作短編「C●RONAPLY+-ANCE」オンラインでお披露目

齊藤工(斎藤工)がリモート制作した短編「C●RONAPLY+-ANCE コ●ナプライアンス」が、5月29日19時30分よりオンライン映画館「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater」でプレミア上映される。

「C●RONAPLY+-ANCE コ●ナプライアンス」

「C●RONAPLY+-ANCE コ●ナプライアンス」
「C●RONAPLY+-ANCE コ●ナプライアンス」

「C●RONAPLY+-ANCE コ●ナプライアンス」は、齊藤が総監督を務めた「COMPLY+-ANCE(コンプライアンス)」の舞台をコロナ禍に置き換えてアップデートした作品。秋山ゆずき、平子祐希(アルコ&ピース)、TCクラクションの古家祥吾(旧芸名・曇天三男坊)、大水洋介(ラバーガール)と出演者も続投している。YouTubeでは予告編が公開中だ。

「GEEK BEEF BEAT」ビジュアル

プレミア上映では、あわせて「COMPLY+-ANCE(コンプライアンス)」オンライン体感上映も実施。ラッパー・狐火による劇中ラップパートのライブ配信をするほか、監督・飯塚貴士による人形アニメーションパート「C.C.C.C」の“STAY at HOME”版で斎藤と秋山がアフレコを生配信する。加えて伊藤沙莉、大水、酒井健太(アルコ&ピース)が出演するリモートドラマ「TTF#3『HOME FIGHT』」の併映や、舞台挨拶も。チケットは当日券のみの販売となる。

左から「斎藤工の地球の寿命-開放区-」ロゴ、斎藤工。

また5月31日と6月7日にはリモートドラマ「TTF#1」から「TTF#3」の一気見企画、5月30日と31日には狐火主演映画「GEEK BEEF BEAT」、内田慈や蒼波純による舞台挨拶、狐火のライブ映像も配信決定。さらに5月30日よりdTVチャンネルで、斎藤がクリエイティブを模索するドキュメンタリー番組「斎藤工の地球の寿命-開放区-」が独占配信される。

「C●RONAPLY+-ANCE コ●ナプライアンス」プレミア上映

2020年5月29日(金)19:30~
配信:STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater
Webチケット料金:1800円
※当日券のみ(上映開始5分前まで販売)
<舞台挨拶参加者(予定)>
秋山ゆずき / 狐火 / 飯塚貴士 / 齊藤工ほか

(c)EAST FACTORY INC

映画ナタリー