音楽ニュース

最終更新日:2020年05月20日 16:26

米津玄師「Lemon」が2020年JASRAC賞で金賞受賞「感謝の気持ちでいっぱいです」

米津玄師の楽曲「Lemon」が2020年JASRAC賞にて金賞を受賞した。

米津玄師

JASRAC賞の金賞は前年度に音楽配信やカラオケ、CMなどでの利用において、JASRACからの著作物使用料の分配額が最も多かった作品に贈られる賞。これまで金賞は安室奈美恵「Hero」や星野源「恋」、中島みゆき「糸」などが受賞している。「Lemon」はドラマ「アンナチュラル」の主題歌として米津が書き下ろし、2018年2月に配信、3月にCDリリースされた楽曲で、発表から2年を経過してもなおあらゆる場面で使用されたり、カバーされたりしている。また「Lemon」は今年のJASRAC賞で「インタラクティブ配信」「カラオケ」の分野でも2年連続で分配額1位を獲得。金賞と合わせ、今年のJASRAC賞で3冠を獲得した。

受賞に際し、米津はコメントを発表。「これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです」と3冠を受賞した今の思いをつづっている。

なお米津はドラマ「アンナチュラル」の製作布陣による新ドラマ「MIU404」にも主題歌「感電」を提供している。綾野剛と星野源がダブル主演を務める「MIU404」は新型コロナウイルス感染拡大状況により初回放送延期となっているが、初回で「感電」が解禁されることが予告されており、放送開始が待たれるところだ。

米津玄師 コメント

とても光栄です。初めてのドラマ主題歌であり、自分の思っていた以上に広いところまで、本当に想像もつかない広いところまで届くような曲になり、良くも悪くも自分をまた大きく違う場所へ連れて行ってくれた楽曲です。これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

音楽ナタリー