映画ニュース

最終更新日:2020年05月20日 12:08

仇討ちを誓った元孤児が死闘…中国のWeb小説を実写化したアクション公開

アクションファンタジー「誅仙1」の邦題が、「ジェイド・ダイナスティ 破壊王、降臨。」に決定。7月24日に東京・新宿シネマカリテで公開される。

「ジェイド・ダイナスティ 破壊王、降臨。」ポスタービジュアル

「ジェイド・ダイナスティ 破壊王、降臨。」

中国のWebファンタジー小説をもとにした本作は、両親を殺され孤児となり、仇討ちを心に誓った小凡(しょうはん)の物語だ。武術界における正義の門派・青雲門に弟子入りした彼は10年後、両親の命日に魔教の神器 「摂魂棒」を偶然入手。青雲門の最強戦士との死闘に挑み、刺客や鬼王軍団に命を狙われ始めた彼の中には制御不能な力が湧き起こり始める。

シャオ・ジャンが小凡を演じたほか、共演にはタン・イーシン、モン・メイチー、リー・チン、チウ・シンジー、セシリア・イップ、デヴィッド・チャンが名を連ねた。「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズのチン・シウトンがメガホンを取り、アクション監督は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズで知られるション・シンシンが担当している。

(c)2019 New Classics Media Corporation

映画ナタリー