映画ニュース

最終更新日:2020年05月20日 08:03

三吉彩花×阿部純子のW主演作に黒谷友香や大塚寧々が出演、公開日は9月18日

三吉彩花と阿部純子のダブル主演作「Daughters」の公開日が9月18日に決定。ポスタービジュアルと新たなキャストが解禁された。

「Daughters」ポスタービジュアル

「Daughters」ビジュアル

本作は東京・中目黒でルームシェアする女性2人を主人公としたヒューマンドラマ。イベントデザイナーの堤小春は、ファッションブランドの広報であり同居人である清川彩乃から、ある日、妊娠したと告げられる。父親の名を明かさず「1人で産む」という彩乃。彼女に協力すると決めた小春だったが、少しずつ変化していく日常に戸惑い、友情が揺らぎ始める。小春役で三吉、彩乃役で阿部が出演。ファッションイベント演出家・映像作家の津田肇が監督と脚本を担当した。

「Daughters」ビジュアル

このたび発表されたキャストは4名。小春が旅先の沖縄で出会う桜木智子役で黒谷友香、彩乃の祖母・茂代役で大方斐紗子がキャスティングされた。そして彩乃の父親・宏忠に鶴見辰吾、彩乃が通う産婦人科医・永井香に大塚寧々が扮する。またファッションブランド「tiit tokyo」が、劇中の全衣装を監修していることもわかった。スタイリストは同ブランドのショースタイリングを長年手がける町野泉美が担当している。

津田は「四季折々の情景とともに一つ屋根の下に住む二人を紡いだ『Daughters』の100分間が、長きにわたる『STAY HOME』によっていつの間にか過ぎ去ってしまった季節、そばにいる人との日々を思い起こし、ほんの一時でもこのうねりを忘れられるような時間になることを願っています」とコメントした。

「Daughters」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。

津田肇 コメント

この映画は「人間の生活の変化」を一つの主題として描いた作品ですが、新型コロナウイルスの感染拡大によって訪れたこの大きなうねりの前で、芸術や娯楽というものは「安定した生活」の上で成り立っているものだという事実を改めて痛感しています。
そんな時世でも、映画館が再開しはじめ、これから公開されていくであろうたくさんの作品とともに、「映画を観る」という日常が生活の中に戻ってくることを祈るしかありません。
四季折々の情景とともに一つ屋根の下に住む二人を紡いだ「Daughters」の100分間が、長きにわたる「STAY HOME」によっていつの間にか過ぎ去ってしまった季節、そばにいる人との日々を思い起こし、ほんの一時でもこのうねりを忘れられるような時間になることを願っています。

伊藤主税(プロデューサー)コメント

映画「Daughters」は津田監督の強い想いと共に長い年月をかけて準備し、劇場で上映すべく、旧知の仲間であるスタッフ、キャストのクリエティブを結集させた、かけがえのない作品です。
劇場公開の是非については、新型コロナウイルスによる社会情勢や影響から意見交換を重ねてきましたが、今作に関わる皆さまの願い、希望を込めて「9月18日」を目指す事となりました。
劇場公開日まで試行錯誤しながら、一人でも多くの方に観て頂ける様に尽力致します。どうぞ応援の程よろしくお願い致します。

(c)「Daughters」製作委員会

映画ナタリー