音楽ニュース

最終更新日:2020年05月18日 15:31

でんぱ組.inc、オンラインライブでファンのコメントと1つに「奇跡みたいな時間をありがとう!」

でんぱ組.incが昨日5月16日、電子チケット販売プラットフォームのZAIKOの有料配信機能を利用してオンラインライブ「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」を開催した。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」より。

でんぱ組.inc「THE FAMILY TOUR 2020」ロゴ

でんぱ組.incはこの春、最新アルバム「愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ」を携えライブツアー「THE FAMILY TOUR 2020」を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりツアーは全公演中止となってしまった。今回のオンラインライブはそのツアーに代わるものとして実施され、ツアー用に準備されていたセットリストでパフォーマンスが披露された。でんぱ組.incのライブはにぎやかなダンスフォーメーションが魅力の1つだが、今回はメンバー個々にブースに入ってのパフォーマンスとなったためフォーメーションを使ったダンスは封印。6人はVJや映像を駆使したスタイルでライブを進行した。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」より。

このオンラインライブにはSNS用のハッシュタグ「#でんぱ組オンラインライブ」が用意されており、集まった約2千人のファンは開演前から「会場に到着しました」「待機」「緊張してきた」「初参戦です」など、Twitterのタイムライン上にリアルライブさながらのワクワク感をつづっていた。定刻を数分過ぎると、海辺に集う6人を捉えたオープニングムービーを挟み、6分割された画面に古川未鈴、相沢梨紗、成瀬瑛美、藤咲彩音、鹿目凛、根本凪が登場。両袖にツアーエンブレムの付いた半袖チェックの開襟セーラーシャツ姿で現れた6人は、最新アルバム表題曲「愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ」でパフォーマンスをスタートさせた。相沢の「みんなようこそー!」という声を皮切りに、それぞれが声を上げオーディエンスを煽る。6人の気合の入った歌唱と息の合ったパフォーマンス、空間演出ユニット・Huezが手がける照明変化と目まぐるしい映像演出、そして激しいスイッチングが、観客を画面に引き込んでいった。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」より。

1曲目を終え、ハッシュタグがトレンド入りしていることを知った古川は「これはもう無観客ライブじゃないね」とコメント。成瀬も「みんなの姿が見えるね」と笑顔を見せる。続く自己紹介コーナーでは、普段は観客が担当するレスポンスの部分を自分たちで声色を変えカバーした。根本は「拙者インターネット大好き侍なので、オンラインは実質第二のふるさと。今日はとってもうれしいでござる」と笑いを誘い、鹿目は自己紹介に「ここにいる6人と、画面越しのあなたでとででんぱ組.incです」とかわいらしく付け足した。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」より。

「ボン・デ・フェスタ」「子▽丑▽寅▽卯▽辰▽巳▽」「いのちのよろこび」を披露した6人は、さらに「もしもし、インターネット」「形而上学的、魔法」と諭吉佳作/men作詞曲を連続で繰り出しファンを沸かせる。「もしもし、インターネット」では、ミュージックビデオの再現が試みられれた。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」より。

ニューアルバムからの楽曲を連続して歌い終えると、相沢は「自分たちのアルバムなのに、状況が変わって、また聞こえ方が変わってきたな」と思いを述べる。藤咲は同意しつつ「『愛が地球救うんさ』ってみんなのことを救うとか言っておきながら、アルバムリリースしてからライブできてなかったから、今めちゃめちゃうれしいよ!」と語り、成瀬はうなずきながら「オンライン上でもみんなを救うから!」とファンに呼びかけた。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」より。

ライブ中盤の「でんでんぱっしょん」では6人が自らペンライトを振る。古川は「自分たちで振ると、歌ってる側か盛り上がってる側かわからなくなるね」と笑い、曲頭でペンライトをうまく点けられなかった相沢は「Aメロ終わっちゃうかと思った……(笑)」と語って胸をなでおろした。

古川の「やっぱりライブができなくって悔しい……その悔しさを次の曲に込めたいと思います」という宣言を合図に、6人は「VANDALISM」を力強く歌い上げる。「プレシャスサマー!」では藤咲が「声出してけよー!」と観客を煽り、「キラキラチューン」ではそれぞれ別々のブースにいながらも、歌詞のケンカシーンを寸劇で表現した。

古川未鈴

「オンラインライブを企画したときは正直どうなることやらと思ったけど、ふたを開けたらみんなも喜んでくれてるのでは?」と古川がメンバーに振ると、成瀬が「よろこんでくれてるよー! うちらもめっちゃ楽しいよ」と満面の笑みで答える。そして「サクラあっぱれーしょん」「星降る引きこもりの夜」「でんぱれーどJAPAN」を立て続けに披露し、6人はますます熱気を帯びていく。相沢が「観客の皆さんが盛り上がり過ぎてご近所さんに怒られないか急に心配になってきたけど……最後にみんなで1つになろう!」と声を上げると、彼女たちは続けて「アイノカタチ」を歌い上げた。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」より。
相沢梨紗

6人が去ったあと、観客たちはTwitterを通じて多数の“オンラインアンコール”をインターネット上のステージに寄せた。Tシャツに着替えた6人はアンコールに応え、古川の「この自粛期間中に皆さんと作った曲がありますよね?」という紹介から「なんと!世界公認 引きこもり!」を全力でパフォーマンス。映像では6人が歌う姿に「#でんぱ組オンラインライブ」のコメントが重なる。モニターで確認していた6人も「めっちゃ感動したー!」と歌い終えて目に涙を浮かべた。最後は相沢が「みんなのおかげで引きこもってても1人ぼっちじゃないですね。今日ライブができたのは、みんながでんぱ組.incのライブを待っていてくれたおかげです。奇跡みたいな時間をありがとう! まだまだ突っ走って行くんで、どうぞ私たちについてきてください」と挨拶した。

なおZAIKOでは5月24日20:00までこのライブのアーカイブを視聴することができる。チケットは23日23:59まで購入可能で、料金は2000円。

「THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE」2020年5月16日セットリスト

01. 愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ
02. ボン・デ・フェスタ
03. 子▽丑▽寅▽卯▽辰▽巳▽
04. いのちのよろこび
05. もしもし、インターネット
06. 形而上学的、魔法
07. 桜が咲く頃に
08. おやすみポラリスさよならパラレルワールド
09. ギラメタスでんぱスターズ
10. でんでんぱっしょん
11. VANDALISM
12. プレシャスサマー!
13. キラキラチューン
14. サクラあっぱれーしょん
15. 星降る引きこもりの夜
16. でんぱれーどJAPAN
17. アイノカタチ
<アンコール>
18. なんと!世界公認 引きこもり!

※▽はハートマークが正式表記。

音楽ナタリー