映画ニュース

最終更新日:2020年05月18日 08:08

夫婦2組の離婚危機描く「あなたにふさわしい」予告公開

「愛しき反抗」の宝隼也が監督した「あなたにふさわしい」の予告編が、YouTubeで公開された。

「あなたにふさわしい」新場面写真

「あなたにふさわしい」新場面写真
「あなたにふさわしい」新場面写真
「あなたにふさわしい」新場面写真

本作は、1つの別荘をシェアした2組の夫婦が離婚の危機に直面する5日間を描く群像劇。夫に不満を持つ専業主婦の飯塚美希を山本真由美、その夫・由則を橋本一郎が演じ、由則の仕事のパートナーである林多香子には島侑子、多香子の夫・充には中村有が扮した。また訳ありの野鳥カメラマン・結城孝志役で鶏冠井孝介も出演。

「私にとって初の長編映画だった事もあり、色々発見することも多く、やりがいを感じた作品です」と述べた島は、作品の魅力を「登場人物のリア充感と渇望感の対比だと思います」と表現する。また林は「監督、スタッフ、キャストに寄りかかり過ぎて、僕自身はあまり演技をした記憶がありません」とコメントし、鶏冠井は「この作品に出てくる人はみんな何かしらの『訳』があります。それが共感できるものなのか違うものなのか、男女間だけでなく男と男、女と女、色々な角度のストーリーを楽しんでいただけると思います」と述懐した。

紺野ふくたが共演し、高橋知由が脚本を執筆した「あなたにふさわしい」は、6月12日より東京・UPLINK吉祥寺ほか全国で順次公開。

島侑子 コメント 

私にとって初の長編映画だった事もあり、
色々発見することも多く、やりがいを感じた作品です。
この映画の魅力は、登場人物のリア充感と渇望感の対比だと思います。
本当に皆んなリア充。
配偶者がいて、仕事があって、友人がいて、
皆んなで軽井沢に旅行して、秘密の恋もして…
こんな刺激的な人生は普通無いです。
完璧です。
それなのに、もっとふさわしいものを探したい、
手に入れたいという人間の欲がどんな結果を選ぶのか乞うご期待下さい。

それにしても、幸せってなんなんでしょう?
在るものに感謝して多くを望まないことか、
より良いものを求めて変化することか?
お金と時間と愛はどれを優先するべきか?
愛されるのと、愛するのはどちらがより幸せなのか?
結局自分が何を一番求めているのか見失ってしまう、今日この頃です。

中村有 コメント

公開が決定したと聞き、一番初めに思い出されたのは、ずっと撮影と休息の間のような時間が流れていたロケ地の別荘の、自分が寝ていたベッドの上からの景色です。右を向くと共演者の橋本くんが横たわっていて、その奥の部屋の入り口からは山本さんと島さんが読み合わせをしようと顔を覗かせ、足元を照明機材や音響機材が行ったり来たりしている。第11回オイド映画祭東京では、演技部門でキャストが特別賞を頂きましたが、監督、スタッフ、キャストに寄りかかり過ぎて、僕自身はあまり演技をした記憶がありません。一人でも多くの方に見て頂けたら幸いです。

鶏冠井孝介 コメント

今回「訳あり野鳥カメラマン」と言うきっとこの世に二つとない肩書きの役をやらせて頂きました。
ただし僕自身これまで野鳥に触れることもなく、カメラも詳しくない、訳もない(多分)。
カメラの扱いなどを丁寧に教えてもらいながら実際の野鳥スポットで撮影をしてきました。すごく自然が綺麗で素敵な場所だったのを思い出します。
この作品に出てくる人はみんな何かしらの「訳」があります。それが共感できるものなのか違うものなのか、男女間だけでなく男と男、女と女、色々な角度のストーリーを楽しんでいただけると思います。
この作品がひとりでも多くの方に見てもらえたらとても嬉しいです。

(c)Shunya Takara

映画ナタリー