映画ニュース

最終更新日:2020年05月17日 21:38

犯罪王ファントマ描く計6時間の連続サイレント活劇、国内初ソフト化

ルイ・フイヤードが1913年から発表した「ファントマ」シリーズが国内初ソフト化。HDマスター版の3枚組Blu-rayが5月29日に発売される。

「ファントマ ルイ・フイヤード Blu-ray」ジャケット

「ファントマ対ジューヴ警部」
「ファントマの偽判事」

フイヤードは「レ・ヴァンピール 吸血ギャング団」で知られる20世紀初頭に活躍したフランスの映画監督。「ファントマ」は犯罪王ファントマと彼を追う警部ジューヴの戦いを描く連続サイレント活劇だ。当時人気を博した小説シリーズの映画化であり、フイヤードは計358分に及ぶ全5エピソードを監督した。ルネ・ナヴァールがファントマ、エドモン・ブレオンがジューヴを演じている。ソフトには映画評論家・遠山純生による解説ブックレットが封入された。価格は税込1万5400円。

ファントマ ルイ・フイヤード Blu-ray

アイ・ヴィー・シー 2020年5月29日(金)発売
価格:税込1万5400円
<収録作品>
「ファントマ」
「ファントマ対ジューヴ警部」
「ファントマの逆襲」
「ファントマ対ファントマ」
「ファントマの偽判事」

(c)1913 Gaumont (c)1914 Gaumont

映画ナタリー