映画ニュース

最終更新日:2020年05月17日 19:13

宇宙軍描くコメディがNetflixで配信、主演はスティーヴ・カレル

スティーヴ・カレルが主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ「スペース・フォース」が、5月29日より全世界で配信される。

「スペース・フォース」ビジュアル

「スペース・フォース」

陸海空軍などと並ぶ6番目の独立軍として宇宙軍が2019年12月に発足したばかりのアメリカ。ドラマ「ザ・オフィス」の製作陣が手がけた「スペース・フォース」は、そんな宇宙軍をパロディ化したお仕事コメディだ。

「スペース・フォース」

主人公は空軍を率いる夢を持ちながら、突如宇宙軍のトップに任命されたマーク・ネアード。彼の任務は、早急に月面着陸を果たしアメリカ軍の基地を設置することだった。マークが多大なプレッシャーにさらされながら、科学者や宇宙軍兵といった個性的なチームとともに奮闘するさまが描かれる。YouTubeで公開中の予告にはマークが同僚の陰口に怪訝な表情を浮かべ、ロケットの大破に頭を抱える様子も。

カレルは、「ザ・オフィス」「キング・オブ・ザ・ヒル」で知られるグレッグ・ダニエルズと共同クリエイターを担当した。ジョン・マルコヴィッチ、「ソニック・ザ・ムービー」でソニックの声を担当したベン・シュワルツ、「Ma」のダイアナ・シルヴァーズ、5月15日に死去したフレッド・ウィラードがキャストに名を連ねている。

映画ナタリー