音楽ニュース

最終更新日:2020年05月14日 15:41

吉川晃司、横溝正史原作の新ドラマ「探偵・由利麟太郎」で志尊淳とバディに

吉川晃司が6月16日(火)より5週連続で放送されるカンテレ・フジテレビ系新ドラマ「探偵・由利麟太郎」の主演を務める。

ドラマ「探偵・由利麟太郎」より吉川晃司(左)と志尊淳(右)。

吉川晃司(右)と志尊淳(左)。
由利麟太郎を演じる吉川晃司。

このドラマは「金田一耕助」シリーズで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズを連続ドラマ化したホラーミステリー。本作で地上波連続ドラマ初主演を果たす吉川は、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ主人公・由利麟太郎を演じる。また由利を敬愛するミステリー作家志望の青年・三津木俊助役で志尊淳が出演。名探偵の由利と助手の三津木がバディを組み、京都を舞台に繰り広げられる怪事件に挑む。撮影はすべて関西で行われ、すでに全撮影が終了しているとのこと。

吉川はドラマについて「お話をいただいたとき、面白い挑戦だなと思いました。そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声を掛けないでしょう(笑)。変わったこと、攻めたことをやりたいというプロデューサーや監督の想いを感じました」とコメント。また志尊と、演出・プロデュースを担当した木村弥寿彦もそれぞれコメントを発表している。

吉川晃司 コメント

由利麟太郎を演じる吉川晃司。

“由利麟太郎”をやらないか? とお話をいただいたとき、面白い挑戦だなと思いました。
そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声を掛けないでしょう(笑)。
変わったこと、攻めたことをやりたいというプロデューサーや監督の想いを感じました。
伝統ある東映京都撮影所を拠点として、職人技を持った太秦のスタッフの方々と一緒に、映画のようなスケールとこだわりで撮影できたことに、手応えを感じています。
由利は、心の奥底に深い孤独を抱えながら、人生をさすらっている男。
セリフよりも、横顔や後ろ姿で、彼の生きざまを醸せればと思いながら演じました。
助手の俊助を演じている(志尊)淳はとても勘が良く、頭の回転も速い。
由利との関係性もうまく出ているんじゃないでしょうか。セリフの量では淳が主役です(笑)。
ちょっと不思議な手触りの作品になっていると思うので、楽しみにしていてください。

志尊淳 コメント

三津木俊助を演じる志尊淳。

今回お話を頂き、やらせて頂く背景で大きかった要因の一つとして、吉川晃司さんとのバディーというところがありました。ミュージシャンとしてのパフォーマンスはもちろんのこと、一人の人間としても、なんてかっこいいんだろう、ついていきたいと感じていた僕の気持ちと、由利麟太郎先生についていきたいと思う三津木くんの気持ちがリンクしているように感じました。
そんな二人の色濃く、コミカルなバディーが、いろんな角度から事件の謎を解決していきます。
撮影を経て、僕と吉川さんの距離が縮まったのと同じように、どんどん近くなっていく由利先生と三津木くんのバディー感もお楽しみに。

木村弥寿彦(演出・プロデューサー) コメント

原作を読んですぐに由利麟太郎は、吉川晃司さんだとイメージしました。
白髪の紳士という設定もありますが、由利の冷静沈着でクールに事件を解決する姿は、吉川晃司さんという唯一無二の存在でしか表現できないものがあると感じお願いしました。
挑戦的で刺激的で怪奇な世界観を味わうことができるエンターテインメントドラマです!

カンテレ・フジテレビ系「探偵・由利麟太郎」

2020年6月16日(火)21:00~21:54

音楽ナタリー