映画ニュース

最終更新日:2020年05月14日 08:03

「愛がなんだ」の今泉力哉を輩出、TAMA NEW WAVE作品募集がスタート

第21回TAMA NEW WAVEコンペティション部門の作品募集がスタートした。

「旅愁」

「おばけ」

映画祭TAMA CINEMA FORUM内で毎年行われているTAMA NEW WAVEは、若手作家を発掘するためのコンペティション。30分以上、100分以下の映像作品を対象としており、過去には「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太や「愛がなんだ」の今泉力哉がグランプリを受賞してきた。第20回では呉沁遥が監督を務めた「旅愁」がグランプリ、中尾広道がメガホンを取った「おばけ」が特別賞を受賞した。

作品出品料の早期割引が適用される1次締切が6月19日、最終締切が7月17日となる。応募要項などの詳細についてはTAMA CINEMA FORUM公式サイトで確認を。

なお映画祭の開催方法については新型コロナウイルス感染症の状況を考慮しながら、後日公式サイトで発表される。

映画ナタリー