映画ニュース

最終更新日:2020年05月08日 13:43

カンヌ映画祭受賞作、両親訴える少年の姿捉えた「存在のない子供たち」ソフト化

「キャラメル」のナディーン・ラバキー監督作「存在のない子供たち」のBlu-ray / DVDが、本日5月8日に発売された。

「存在のない子供たち」Blu-rayジャケット

「存在のない子供たち」
「存在のない子供たち」

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員賞に輝いた本作は、中東の貧民窟で生まれ、学校へ通うこともなく兄妹とともに路上で働かされていた12歳の少年ゼインが、「僕を産んだ罪」で両親を訴えるさまを描く物語。シリア難民だった主演のゼイン・アル=ラフィーアをはじめとして、登場人物の多くをそれぞれのキャラクターによく似た境遇の一般人が演じている。

ソフトには、本編のほかに「レッドカーペットを歩く日」と銘打たれた特典映像を収録。ラバキーのインタビューの模様も楽しむことができる。

「存在のない子供たち」Blu-ray / DVD

2020年5月8日(金)発売
発売元:キノフィルムズ / 木下グループ
販売元:ハピネット・メディアマーケティング
価格:Blu-ray 5280円 / DVD 4290円

(c)2018MoozFilms

映画ナタリー