映画ニュース

最終更新日:2020年05月07日 12:03

「みをつくし料理帖」若村麻由美と浅野温子が語る、角川春樹と「いいときに出会えた」

角川春樹が監督を務めた「みをつくし料理帖」のキャストインタビューリレー第3弾が、YouTubeで解禁された。

「みをつくし料理帖」より、若村麻由美演じる芳。

高田郁の時代小説シリーズを原作とした本作。大洪水によって両親を亡くした主人公・澪が料理人として成長していくさまや、幼なじみ・野江との友情などが切り取られていく。松本穂香が澪、奈緒が野江を演じた。

「みをつくし料理帖」より、より、浅野温子演じるおりょう。

同企画の第3弾に登場するのは、澪を支える芳役の若村麻由美と、澪と同じ長屋の住人・おりょう役の浅野温子。角川の「蒼き狼 地果て海尽きるまで」に出演した若村は、彼が父親のような存在であると明かし、共演した松本については「素直だし、澪と同じように苦労に立ち向かう姿勢もあって。私の中では澪と穂香さんが一体化しています」と語る。

そして「スローなブギにしてくれ」「汚れた英雄」といった角川作品に出演経験のある浅野は「“ここにたどり着けばいい”という明快な演出をされる」「昔、こんなだったかな? 私も歳を取ったし、監督も歳を取ったから、丸くなったのかなって(笑)。昔だったら監督が言っていることもここまでわからないと思うので、いいときにまた出会えた」とコメントした。

「みをつくし料理帖」は10月16日に全国で公開。

※高田郁の高は、はしごだかが正式表記

(c)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

映画ナタリー