映画ニュース

最終更新日:2020年04月05日 17:53

トリュフォー「ある映画の物語」再刊、撮影日記やシナリオで創作の秘密に迫る

フランソワ・トリュフォーの著作「ある映画の物語」が文庫となって、明日4月6日に再刊される。

「文庫 ある映画の物語」書影

「大人は判ってくれない」「突然炎のごとく」「終電車」などで知られ、ヌーヴェルヴァーグを代表する監督の1人であるトリュフォー。本書ではディストピアSF「華氏451」の撮影日記、映画作りの混乱する現場を描いた「映画に愛をこめて アメリカの夜」のシナリオを通してトリュフォーの創作の秘密が明かされる。俳優のわがままや技術上のトラブルなど、スケジュールに追い立てられる日々が多彩なエピソードで彩られた。翻訳は映画評論家の山田宏一。

文庫 ある映画の物語

草思社 2020年4月6日(月)発売
価格:税込1760円

映画ナタリー