映画ニュース

最終更新日:2020年04月04日 17:53

幕末舞台の作品を特集上映、萩原健一や原田芳雄出演作など18本

特集上映「風雲急を告げる! 幕末映画祭」が4月13日から21日にかけて東京・新文芸坐で行われる。

「竜馬を斬った男」(c)1987 松竹株式会社

「沖田総司」 (c)TOHO CO.,LTD.
「竜馬暗殺」 (c)TOHO CO.,LTD.
「ジャズ大名」 (c)KADOKAWA1966

この特集では幕末を舞台とする映画18本がスクリーンにかけられる。ラインナップには草刈正雄の主演作「沖田総司」、岡本喜八監督作「ジャズ大名」「吶喊(とっかん)」、萩原健一が坂本竜馬暗殺の密命を受けた佐々木只三郎を演じた「竜馬を斬った男」、原田芳雄、石橋蓮司、中川梨絵、松田優作、桃井かおりらが共演した「竜馬暗殺」などが並んだ。チケットは当日券のみ販売となる。

風雲急を告げる! 幕末映画祭

2020年4月13日(月)~21日(火)東京都 新文芸坐
料金:一般 1450円 / 学生 1350円 / シニア、障害者、小学生以下 1200円 / 友の会 1150円
ラスト1本料金:一般、学生 1000円 / シニア、友の会 950円
<上映作品>
「祇園の暗殺者」
「風雲三條河原」
「沖田総司」
「狼よ落日を斬れ」
「幕末」
「暗殺」
「壮烈新撰組 幕末の動乱」
「新選組血風録 近藤勇」
「吶喊(とっかん)」
「ジャズ大名」
「六人の暗殺者」
「江戸一寸の虫」
「竜馬を斬った男」
「竜馬暗殺」
「桜田門」
「大東京誕生 大江戸の鐘」
「新選組(1969年)」
「燃えよ剣(1966年)」

映画ナタリー