映画ニュース

最終更新日:2020年04月04日 10:03

渡辺いっけい、初主演作「いつくしみふかき」は「役者として転換期になった映画」

4月17日に公開を控える「いつくしみふかき」のキャスト・渡辺いっけいのコメントが到着した。

渡辺いっけい

本作は、互いに実の親子だとは知らないまま共同生活を始めた広志と進一の物語。広志を渡辺、進一を遠山雄が演じた。

「いつくしみふかき」より、渡辺いっけい演じる広志。
「いつくしみふかき」

これが映画初主演作となる渡辺は「こんなひどいお父さんはお目にかかったことがない」と自身が演じたキャラクターについて言及する。そして撮影現場での監督・大山晃一郎の姿を「自分が撮りたいものを撮るという一面は揺るぎなくあって、生き生きしていました」と振り返り、ダブル主演を務めた遠山には「台本が持っている強さが乗り移っていたので、『いい役者だな』と改めて思いました」と賛辞を贈った。

さらに渡辺は「役者として転換期になった映画」と本作に触れ、「テレビでは絶対に見せていない顔を見せています。自分もスクリーンを見て、こういう仕事をどんどんやっていきたいと思えた」と語った。

「いつくしみふかき」は東京・テアトル新宿ほか全国で順次上映。平栗あつみ、榎本桜、小林英樹、こいけけいこ、のーでぃ、黒田勇樹、三浦浩一、眞島秀和、塚本高史、金田明夫らも出演している。

映画ナタリー