映画ニュース

最終更新日:2020年03月31日 13:13

鈴木拡樹×安井謙太郎×崎山つばさの姿捉えた「死神遣いの事件帖」場面カット到着

映画と舞台の連動企画「東映ムビ×ステ」プロジェクトの新作「死神遣いの事件帖」より、映画「死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-」の場面写真が一挙到着した。

「死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-」

「死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-」
「死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-」

江戸を舞台に、傀儡子(人形遣い)の息子であり死神遣いの探偵・久坂幻士郎と死神・十蘭の姿を描く本作。幻士郎のもとにある女の捜索依頼が舞い込み、さらに吉原の遊廓で“遊女連続殺人事件”が発生したことで物語は展開していく。鈴木拡樹が幻士郎を演じ、安井謙太郎(7ORDER project)が十蘭、崎山つばさが侠客のリーダー・庄司新之助に扮した。

「死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-」

今回解禁されたカットでは幻士郎と十蘭が並ぶさまや、新之助をはじめとする侠客たちの姿を見ることができる。また鈴木絢音(乃木坂46)演じるお藤と幻士郎が見つめ合う様子も捉えられた。

押田岳、松浦司、松本寛也、北川尚弥も出演する「死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-」は5月29日に公開。本作の脚本は須藤泰司、監督は柴崎貴行が務めた。また少年社中の毛利亘宏が脚本と演出を手がける舞台「死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-」は7月、8月に上演される。

※柴崎貴行の崎は立つ崎が正式表記

(c)2020 toei-movie-st

映画ナタリー