映画ニュース

最終更新日:2020年03月31日 12:03

松本穂香×ふくだももこ「君が世界のはじまり」今夏に公開、脚本は向井康介

松本穂香が主演、ふくだももこが監督を務める「君が世界のはじまり」が今夏に公開決定。ティザービジュアルと場面写真が解禁された。

「君が世界のはじまり」

「君が世界のはじまり」ティザービジュアル

ふくだの小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」をもとに、山下敦弘の監督作や「聖の青春」で知られる向井康介が脚本を執筆した本作。主人公はサッカー部のナリヒラくんに一目惚れしたことで親友の琴子とすれ違うようになる高校2年生のえんだ。劇中では彼女を中心に、大阪の端っこにある寂れゆく町でくすぶる高校生たちの、危うくはかない青春が描かれる。

ふくだとは「おいしい家族」以来2度目のタッグとなるえん役の松本は「私たちはずっと、何かに向き合いながら、苦しみながら生きてきた。そんな当たり前のことに救われる気がする。だから大丈夫。私たちは大丈夫。ダサくても痛くてもいい。だから伝わるものがある。そんな気持ちでこの作品に挑みました」とコメント。ふくだは「この映画が、どこへも行けない、何にもなれない、そんな風に思っている誰かの、はじまりのきっかけになればいいと願っています」と期待を込めた。

なお、解禁されたティザービジュアルと場面写真はフィルムで撮影されたもの。現在YouTubeでは本作のイメージクリップが公開中だ。

松本穂香 コメント

青春時代って、一瞬すぎるからなのか、どこか記憶がぼんやりしている。大切な瞬間が溢れてたはずなのに、記憶が抜け落ちてる。だけど、多分、その時感じた切なさやあたたかさは、ずっとずっと心の中に感触として残ってるんだと思う。恥ずかしいぐらいまっすぐだった私たち。過去があって、今がある。私たちはずっと、何かに向き合いながら、苦しみながら生きてきた。そんな当たり前のことに救われる気がする。だから大丈夫。私たちは大丈夫。
ダサくても痛くてもいい。だから伝わるものがある。そんな気持ちでこの作品に挑みました。

ふくだももこ コメント

「君が世界のはじまり」のもとになった小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」は、私にとって、どうしようもなく特別な物語だ。
“青春”という箱の中に入れられるのを嫌悪していたあの頃の、胸を突き抜けて飛び出しそうなエネルギーが、すべての登場人物に詰まっている。この映画が、どこへも行けない、何にもなれない、そんな風に思っている誰かの、はじまりのきっかけになればいいと願っています。
私が書いた、ゴツゴツトゲトゲした岩のような小説を切り取り、石にして世に出してくれた人がいて、手に持てるよう丁寧に削ってくれた向井康介さんの脚本があって、一緒に磨いてくれた素晴らしいスタッフと、松本穂香をはじめとする、才能ある俳優たちがいる。すべての人の力を合わせて「君が世界のはじまり」は、誰も見たことのない、燦然と輝くたったひとつの宝石になった。どうかこのきらめきが、あなたの心を照らしますように。

向井康介 コメント

40歳を越えて、もう青春映画を書くことはないと決めていた矢先に、佐々木史朗さんとの出会いがあり、“ふくだももこ”という若い作家の短編小説を知りました。二十代の書く文章に自分はもうついていけないだろうと思っていたのに、驚くほど心の中に入ってくる。なぜなのだろう? そんな疑問から、僕の中でこの企画は始まりました。
「ふくだ、君が晩年になって、人が作品を振り返ったときに『ふくだももこの初期の代表作と言ったらこれしかないよね』とみんなが肯くような映画にしよう」
何度目かの打ち合わせのあと、居酒屋で僕はふくだにそう言ったのを覚えています。とても小さな物語だけれど、この映画が生まれる一助を担ったひとりとして、本当にそんなふうに語り継がれるような作品になってくれたら嬉しいです。

(c)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

映画ナタリー