音楽ニュース

最終更新日:2020年03月30日 15:51

“三太郎”が現代で5G体験、au新CMにSEKAI NO OWARIが新曲書き下ろし

本日3月30日(月)に全国で放送がスタートしたKDDI「au 5G」の新CM「au 5Gその手に」編に、SEKAI NO OWARIの新曲「Dropout」が使用されている。

新CM「au 5Gその手に」編より。

新CM「au 5Gその手に」編より。

CMでは、auの三太郎シリーズに出演する松田翔太、桐谷健太、濱田岳の3人が、現代を舞台に5G技術で実現される世界を体感する様子が描かれる。「Dropout」はこのCMのためにSEKAI NO OWARIが書き下ろした楽曲で、CM中のライブシーンでは実際に4人が演奏を披露している。

SEKAI NO OWARI「Dropout」配信ジャケット

「Dropout」は明日3月31日に配信リリースされる。Fukase(Vo)は楽曲について「今までの自分と、未来に対する自分のことを歌っていて、サビは今から進んでいく未来について歌っています。自分の地元の街にも変わっていくものと、変わらないものが景色として沢山あって、その場所を歩いているときに曲のメロディーが自分の中に降りてきました。ずっと育ってきた場所だけど、変わっていくもの、変わらないものが今の自分にすごくシンクロするなと思ったので。そういう自分の生きてきた人生みたいなものが詰まった楽曲になってるかなと思ってます」とコメントしている。

音楽ナタリー