映画ニュース

最終更新日:2020年03月27日 16:08

リアム・ギャラガーのドキュメンタリー、予告編が解禁「これが俺の生き様だ」

ロックバンド・オアシスのフロントマンとして知られるリアム・ギャラガーを捉えたドキュメンタリー「リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ」の公開日が、7月3日に決定。予告編がYoutubeで解禁された。

「リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ」ポスタービジュアル

オアシス時代からソロシンガーとして復活するまでのリアムを追った本作。彼が成功や挫折、そして苦悩を経験し、音楽の世界で生き抜いていくさまが切り取られた。「コナー・マクレガー:ノートリアス」を手がけたギャビン・フィッツジェラルドと「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」のチャーリー・ライトニングが監督を務めた。

予告編の序盤には「兄弟で20年もやってきたのに、兄貴と大喧嘩して終わった。クソ、何すりゃいい?」「もう終わりだ! 俺は一体誰なんだ?」と口にするリアムの姿が。そして彼が“どん底”の時代を経て満員のオーディエンスを前に歌うシーンが映し出され、「これが俺の生き様だ」というメッセージで締められる。

「リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ」は、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)2019 WARNER MUSIC UK LIMITED

映画ナタリー