映画ニュース

最終更新日:2020年03月27日 07:03

吉高由里子×横浜流星W主演作に町田啓太、風吹ジュン、やべきょうすけ、田山涼成ら

吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務める「きみの瞳が問いかけている」の新たなキャスト9名が発表された。

上段左からやべきょうすけ、田山涼成、野間口徹、奥野瑛太。中段左から町田啓太、吉高由里子、横浜流星、風吹ジュン。下段左から般若、坂ノ上茜、森矢カンナ。

韓国映画「ただ君だけ」の日本版リメイクである本作は、無償の愛を描くラブストーリー。事故で視力と家族を失いながらも明るく生きる女性・明香里と、かつて将来を有望視されるキックボクサーだったもののある事件によって心を閉ざした青年・塁が出会い、惹かれ合っていくさまがつづられる。吉高が明香里、横浜が塁を演じ、「ホットロード」の三木孝浩が監督を務めた。

このたび、やべきょうすけがキックボクシングのコーチで塁の兄貴分である原田陣役、田山涼成が塁の所属していたジムの会長・大内役、野間口徹が明香里の働くカスタマーセンターの上司で彼女に気がある尾崎隆文役に決定。また半グレ集団「ウロボロス」のメンバー久慈充役で奥野瑛太、キックボクシングの賭博試合に携わる極竜連合ヘッドの金井役で般若、明香里が毎週楽しみにしている連ドラ「LAST LOVE」のヒロイン麻衣子役で森矢カンナ(旧芸名:森カンナ)がキャスティングされた。

さらに明香里が店長を務めるインテリアショップの店員・津ノ森恵子に坂ノ上茜、半グレ集団「ウロボロス」のリーダーで、塁の幼なじみである佐久間恭介に町田啓太、塁の育った修道院のシスター大浦美恵子に風吹ジュンが扮する。

「きみの瞳が問いかけている」は今秋に全国で公開。

(c)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

映画ナタリー