音楽ニュース

最終更新日:2020年03月25日 17:06

「WACK合同オーディション」にBiSHチッチら合流、11名が脱落した波乱の3日目

昨日3月24日に音楽事務所WACKによるオーディション「WACK合同オーディション2020」の3日目が行われた。

合流したWACK現役メンバー。

「WACK合同オーディション2020」3日目のマラソンの様子。
モンスターアイドル

3月22日にスタートした合宿型オーディションの3日目。前日の脱落者であるファンファン、アイノ・リ・スタート、モンスターアイドル、フショージ・メグミの4名に猶予期間が与えられたため、早朝の救済措置は実施されず、候補生15名とWAggメンバー5名の計20名によるマラソンで1日がスタートした。この日のルールとして脱落者は2位でゴールすると脱落を回避できることが発走前にアナウンスされた。また折り返し地点の1~3位の通過者はパンを食べきってからマラソンを続行するというルールもあり、中間1位だったサアヤイト(WAgg)がパンを食べるのに難航。結果的に完走できず、最下位になるという番狂わせが生まれた。マラソンの結果は1位がガミヤサキ、2位がモンスターで、モンスターは2位に食い込んだため、前日に通達された脱落を回避。これについて彼女は「絶対2位になると決めて走りました」と意地を見せた。

デスソース入りごはんを食べるインポッシブル・マイカ。

朝食ではモンスター、トト・パーティン・トト、インポッシブル・マイカにデスソース入りの食事が配膳された。それぞれなんとか制限時間内に食べきったが、マラソンでのダメージを引きずるサアヤイトが通常食にも関わらず食事を残してしまい、減点となってしまった。食事のあとは各チームがBiSH「オーケストラ」の振り付けをチームごとに1から考えての発表に向けて練習に励む。前日に渡辺淳之介(WACK代表)が複数の候補生に向けて「BiSHに入りたい、BiSに入りたいならWAggのメンバーを超えていかないとダメだぞ」と呼びかけていたこともあり、練習中はWAggメンバーに積極的に意見を伝える候補生の姿も見られたが、フルコーラスの振りをアイデア出しから合わせるところ(工程)まで短時間で仕上げることは決して容易ではなく、各チーム苦戦を強いられた。

「WACK合同オーディション2020」3日目より昼のダンス審査の様子。

正午過ぎにWACK現役メンバーのセントチヒロ・チッチ(BiSH)、トギー(BiS)、月ノウサギ(GANG PARADE)、ユイ・ガ・ドクソン(GANG PARADE)、MiDORiKO EMPiRE(EMPiRE)、ウルウ・ル(CARRY LOOSE)、ナオ・オブ・ナオ(豆柴の大群)が到着し、候補生に挨拶。候補生たちは対面したばかりの現役メンバーの目の前で「オーケストラ」オリジナル振り付けバージョンをそれぞれ披露した。現役メンバーは候補生たちのパフォーマンスを真剣に見ており、チッチはさっそくメモ帳にペンを走らせた。

焼きそばの匂いを嗅ぐトギー(BiS)。
デスソース焼きそばを食べるファンファンに水を運んできたトト・パーティン・トト。

5チームのダンス審査が終わると渡辺は開口一番、候補生に厳しい言葉をぶつける。「WACKの現役メンバーたちが来るというときに、この動きでよかったなって思う人いる? それで本当に大丈夫なの? 全力で全部出しきれたって人はいる?」と矢継ぎ早に話す渡辺の言葉に候補生たちは閉口。間髪入れずに渡辺は「中途半端。あとがないと思ったらもっと指先にまで気合いが入ると思うんだけど、お前ら勘違いしてない? これから俺たち一緒に仕事をするんだよ。全力でやらない人と仕事するの嫌じゃん。振り付けとか踊りがどうって問題じゃない。舐めてるなら帰ってくれよ」と強い口調で話し、ランキングの発表に関しては「価値がない」として見送った。そして渡辺からは新たな施策としてWACK現役メンバーに対する投票企画が発表された。この投票は候補生が「一緒に仕事をしたい現役メンバー」を選び、上位のメンバーが渡辺のやりたかったという企画に優先的に参加できるというもの。渡辺は「僕が一番やりたいのは海外進出。1位を取れば今年中を目処になんとかしたいと思っています」と現役メンバーに伝えた。3日目の昼食は焼きそば。サアヤイトは食が細くなっているため苦戦していたが、なんとか時間内に食べきった。またデスソース入り焼きそばが当たったファンファンのためにトトが水を差し出して支え合う場面もあった。

ユイ・ガ・ドクソンとシオ・フォレスト。

13時頃からは現役メンバーが候補生の輪に入り、BiSH「オーケストラ」のオリジナルバージョンの振り付けを覚えることに。各チーム現役メンバーを中心にレッスンが進められ、同曲の振り付けを手がけたアイナ・ジ・エンド(BiSH)の振りへの思いや意図についても共有された。練習の進行具合はチームにより異なり、チッチがアメとムチとも言えるメリハリのあるレッスンを展開すれば、MiDORiKOとナオは特にMiDORiKOが率先してダンス練習をリード。月ノとトギーは候補生に寄り添い、ウルウ・ルチームではWAggで活動を共にしたウタウウタ、ア・アンズピアも途中からウルウ・ルと連携し、練習に勤しんだ。そしてドクソンは候補生と常にフレンドリーに接しながら、細かな振りを合わせていった。

セントチヒロ・チッチチーム

19時のダンス審査を前に渡辺は「もうわかってると思うけど、ここで明日残るか決まるので悔いのないようにやってください」と参加者に声をかけた。5組はそれぞれが持ち時間いっぱいまで練習を重ねた成果を歌とダンスにぶつけた。全チームのパフォーマンスが終わると渡辺は「意識が変わったのは見えました。最初からなんでやらないのかって話。今回最下位にした人は不合格にすると話したので後悔しても遅い」と念押しをしてから、結果を発表した。1位はチッチチームで「全体的に非常に成長が見えたのと、落ちサビの振り(のアレンジ)にグッと来ました」、2位は月ノ&トギーチームで「とても成長が見られた。アンズピアもやれるんなら最初からやれよって話だけど表情もよかった」と評価。3位はMiDORiKO&ナオチームとドクソンチームが同率で、渡辺は「もうちょっとできたんじゃないかなと思う。特にドクソンチームは人数も少なかったので全体的にレベルアップできたんじゃないかな」と意見し、最下位のウルウ・ルチームについては「代わり映えしなかったのがウルウルチームだった。表情自体もそうだし、不安な感じが出ていた。ライブではそこが出ないことが大事なところなので、残念な結果かなと思います」と述べた。ダンス審査の結果、ウルウ・ルチームのウルウ・ルを除くメンバーであるテラヤマユウカ、セックスサマーウイカ、カトー・ムセンシティ部、ウタウウタ、サアヤイトの脱落が決定した。

「WACK合同オーディション2020」3日目に行われた学力テストの様子。

夕食後には学力テストが行われ、制限時間内にWACK常識と一般教養の問題を全参加者が解答した。この結果は後日発表となる。テストのあとはニコニコ生放送のアンケート機能を使ったWACK現役メンバーへの投票が行われた。その結果、1位チッチ、2位ドクソン、3位ウルウ・ルと続き、7位はナオという順位に。現役メンバーの中で最下位になったナオは「明日はもっといい順位が取れるように候補生のサポートをしたいと思います」と思いを語った。続いて視聴者による候補生の投票結果を待つ間、脱落が決まったウタウウタは「ウルウ・ルに任せっきりになってしまい、もっと候補生に向き合うことができたんじゃないかと思っている。明日も(救済措置で)残れるようにがんばります」、アイノ・リ・スタートは「デスソース、マラソンの結果で脱落になってしまって自分に甘すぎることに気付いた。今日はチッチさんと一緒のグループで1位を獲れたので明日も残れるといいと思います」とアピールした。

視聴者の候補者投票結果は1位がテラヤマユウカ、2位がサアヤイト、3位がトトに。視聴者投票の結果は審査の参考となり、最終的なジャッジは渡辺に委ねられる。渡辺はすべての投票結果を伝えたあとにこの日の脱落者を改めて発表。ウルウ・ルチームの5名と、アイノ・リ・スタート、ファンファン、フショージ・メグミ、ガミヤサキ、パー・ルイ、アイナスターの6名を合わせた11名が脱落となったが、脱落者は明朝6時30分に行われるスクワット対決で勝利すれば救済措置が取られる。脱落者は明朝6時30分に行われるスクワット対決で勝利した場合に救済される。スクワットに使用される楽曲はBiS「thousand crickets」となる。

左からモンスターアイドル、ナオ・オブ・ナオ(豆柴の大群)。

続けて翌日のチーム分けが発表され、メンバー自らがダンス審査の課題曲を選定した。チッチとトトがEMPiREの楽曲「EMPiRE is COMiNG」、ユイ・ガ・ドクソンとシオ・フォレストがBiS「STUPiD」、月ノと火星からウナギがCARRY LOOSE「にんげん」、トギーとインポッシブル・マイカが「にんげん」、MiDORiKOとアオイロコがGANG PARADE「GANG PARADE」、ナオとモンスターが「EMPiRE is COMinG」、キラ・メイとアンズピアとワキワキワッキーの3名のチームがGANG PARADE「Plastic 2 Mercy」をそれぞれチョイスし、ウルウ・ルは明朝に救済措置で勝利したメンバーとコンビを組んで「STUPiD」をそれぞれパフォーマンスすることになった。最後に渡辺は「改めてになりますが、今日で半分以上減った状況なのであとがないと思ってください。僕もいっぱい見るのが疲れたのもあるし、やる気ないと思ったらバシバシ切ります。それがわからないと最終日まで残れないと思うので注意してください」と一同に伝え、3日目を締めくくった。一部メンバーを除く参加者は、深夜まで明日の審査に備えて個人練習に励んだ。

明日3月25日からの「WACK合同オーディション2020」には現役メンバー7名、候補生およびWAggの10名の計17名が参加する。

「WACK合同オーディション」新チーム編成 / 課題曲

・セントチヒロ・チッチ / トト・パーティン・トト「EMPiRE is COMiNG」
・ユイ・ガ・ドクソン / シオ・フォレスト「STUPiD」
・月ノウサギ / 火星からウナギ「にんげん」
・トギー / インポッシブル・マイカ「にんげん」
・MiDORiKO EMPiRE / アオイロコ・カンパイア「GANG PARADE」
・ウルウ・ル / 残留候補生「STUPiD」
・ナオ・オブ・ナオ / モンスターアイドル「EMPiRE is COMiNG」
・ワキワキワッキー / ア・アンズピア / キラ・メイ「Plastic 2 Mercy」

「WACK合同オーディション2020」3日目

脱落者

アイノ・リ・スタート / カトー・ムセンシティブ部 / ガミヤサキ / セックスサマーウイカ / テラヤマユウカ / パー・ルイ / フショージ・メグミ / ファンファン

WAgg脱落者

サアヤイト / ウタウウタ / アイナスター

マラソン順位

1位 ガミヤサキ
2位 モンスターアイドル(脱落回避)
3位 パー・ルイ
4位 ア・アンズピア
5位 シオ・フォレスト
6位 セックスサマーウイカ
7位 インポッシブル・マイカ
8位 キラ・メイ
9位 ワキワキワッキー
10位 火星からウナギ
11位 フショージ・メグミ
12位 テラヤマユウカ
13位 ウタウウタ
14位 カトー・ムセンシティ部
15位 アイナスター
16位 ファンファン
17位 トト・パーティン・トト
18位 アオイロコ・カンパイア
19位 アイノ・リ・スタート
20位 サアヤイト(周回遅れのため強制終了)

ダンス審査結果

1位 セントチヒロ・チッチ(BiSH)チーム
セントチヒロ・チッチ / 火星からウナギ / アオイロコ・カンパイア / アイノ・リ・スタート / フショージ・メグミ

2位 月ノウサギ(GANG PARADE)&トギー(BiS)チーム
月ノウサギ / トギー / インポッシブル・マイカ / トト・パーティン・トト / ガミヤサキ / ア・アンズピア

3位(同率) MiDORiKO EMPiRE(EMPiRE)&ナオ・オブ・ナオ(豆柴の大群)チーム
MiDORiKO EMPiRE / ナオ・オブ・ナオ / パー・ルイ / ワキワキワッキー / モンスターアイドル / キラ・メイ

3位(同率) ユイ・ガ・ドクソン(GANG PARADE)チーム
ユイ・ガ・ドクソン / シオ・フォレスト / ファンファン / アイナスター

4位 ウルウ・ル(CARRY LOOSE)チーム
ウルウ・ル / テラヤマユウカ / セックスサマーウイカ / カトー・ムセンシティ部 / ウタウウタ / サアヤイト

WACKメンバー投票結果

1位 セントチヒロ・チッチ(BiSH)
2位 ユイ・ガ・ドクソン(GANG PARADE)
3位 ウルウ・ル(CARRY LOOSE)
4位 月ノウサギ(GANG PARADE)
5位 MiDORiKO EMPiRE(EMPiRE)
6位 トギー(BiS)
7位 ナオ・オブ・ナオ(豆柴の大群)

視聴者投票(3月24日)

1位 テラヤマユウカ(3793票)
2位 サアヤイト(2234票)
3位 トト・パーティン・トト(1905票)
4位 ウタウウタ(1208票)
5位 ア・アンズピア(951票)
6位 キラ・メイ(915票)
7位 セックスサマーウイカ(838票)
8位 インポッシブル・マイカ(724票)
9位 フショージ・メグミ(698票)
10位 モンスターアイドル(564票)
11位 ワキワキワッキー(488票)
12位 アイナスター(350票)
13位 アオイロコ・カンパイア(319票)
14位 ガミヤサキ(287票)
15位 アイノ・リ・スタート(286票)
16位 ファンファン(266票)
17位 パー・ルイ(262票)
18位 シオ・フォレスト(259票)
19位 カトー・ムセンシティ部(142票)
20位 火星からウナギ(119票)

音楽ナタリー