映画ニュース

最終更新日:2020年03月24日 13:48

「甘いお酒でうがい」松雪泰子&黒木華、清水尋也の役柄に「キュンキュンでしたね!」

「甘いお酒でうがい」の大ヒット祈願イベントが本日3月24日に東京・スペースFS汐留で開催され、キャストの松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。

「甘いお酒でうがい」大ヒット祈願イベントの様子。左から清水尋也、松雪泰子、黒木華。

大九明子が監督を務めた本作は、とある会社で派遣社員として働く40代の独身女性・川嶋佳子の悲喜こもごもの日常を切り取った物語。シソンヌのじろうが長年コントで演じてきた同名キャラクターによる日記という体で書かれた小説をもとにしている。

松雪泰子
黒木華

佳子役の松雪は「じろうさんの言葉がすごく美しくて、詩的でユーモアがあってかわいらしかった。イマジネーションが広がっていく脚本だったので、ぜひ!という感じでした」と本作との出会いを振り返り、「じろうさんが演じたコントの映像を観たら、映画のキャラクターとは全然違ってびっくりしました」と笑う。佳子の会社の後輩・若林ちゃんを演じた黒木は原作がもともと好きだったそう。彼女は「テンポが心地よくて、楽しくて幸せな撮影でした」と懐かしそうに話して「私の邪気が見えないように気を付けました」と演じるにあたっての思いを明かして松雪から「邪気、ないでしょ! 本当に天使でした」とツッコまれていた。

清水尋也
鏡開きの樽に入っていた桜の花びらで遊ぶキャストたち。

清水は「これまでと違う新鮮な役」と佳子の生活に大きな変化をもたらす二回り歳下の青年・岡本くんの役どころに触れて「松雪さんの相手役と聞いたときは、おっ……と緊張が走りました。僕からしたら『テレビに出てる人だ!』という感じなので」と続ける。そんな彼の劇中での振る舞いについて、松雪と黒木は「キュンキュンでしたね!」と盛り上がりながら言及し、清水を照れさせていた。

「甘いお酒でうがい」は、4月10日より東京・テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国でロードショー。

(c)吉本興業

映画ナタリー