映画ニュース

最終更新日:2020年03月23日 17:03

「ポップスター」新カット公開、ナタリー・ポートマンが夫との再タッグ喜ぶ

ナタリー・ポートマン主演作「ポップスター」の新たな場面写真が公開された。

「ポップスター」新場面写真

度重なるスキャンダルで失墜し再起をかけたツアーに臨もうとするポップスター、セレステの姿を描く本作。ポートマンがセレステを演じたほか製作総指揮も務め、敏腕プロデューサー役でジュード・ロウ、姉のエレノア役でステイシー・マーティン、少女時代のセレステ役と彼女の娘役でラフィー・キャシディが参加した。

「ポップスター」新場面写真
「ポップスター」新場面写真

場面写真には、きらびやかな衣装に身を包みステージで歌い踊るセレステの姿が切り取られた。ダンスシーンの振り付けはポートマンの夫バンジャマン・ミルピエが担当。ポートマンは「また夫と仕事をする機会をもらえるなんて、信じられないほどうれしかったわ」と「ブラック・スワン」以来の彼とのタッグを喜び、「夫は最終場面のパフォーマンスで登場するすべての女性の振り付けを担当したの。それで家でも私のリハーサルをしてくれたので、2人で猛練習ができたわ。日常生活の合間にも演技の準備ができて、本当に楽しかった」と撮影にあたっての準備期間を回想する。

なお、本作の主題歌・劇中歌の全般を手がけたのはアーティストのSia。以前からSiaのファンだったポートマンは「彼女が作った音楽を歌うことができたのは、すごくぜいたくな気分だった」「録音もシーアの制作チームが担当してくれたの。彼らがボーカルを処理して多重録音するのを見て、本当に面白かったし興奮したわ。人気歌手を演じるのは夢だったけれど、どうやって私の声をプロの歌手に聞こえるようにするのか不思議だった。彼らはさまざまな設備を持っていて、なんと私の歌もスターのように聞こえたわ!」と語っている。

「ポップスター」は4月3日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で順次公開。「シークレット・オブ・モンスター」のブラディ・コーベットが監督と脚本を兼任した。

Motion Picture (c)2018 Vox Lux Film Holdings, LLC. All Rights Reserved

映画ナタリー