音楽ニュース

最終更新日:2020年03月18日 16:11

THE RAMPAGE川村壱馬、人生かけて向き合った1stフォトエッセイ「SINCERE」発売決定

川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)の1stフォトエッセイ「SINCERE」(シンシア)が、6月23日に発売される。

川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)1stフォトエッセイ「SINCERE」より。

川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)1stフォトエッセイ「SINCERE」特別限定版表紙(撮影:HIRO KIMURA)

THE RAMPAGEのボーカリストとしてグループをセンターポジションで牽引しながら、映画「HiGH&LOW THE WORST」で主演を務めるなど役者としてもその魅力を発揮してきた川村。これまでグループ活動以外についてあまり深くは語ってこなかったが、「SINCERE」ではコンセプト作りから携わり、「人生かけて向き合って作った作品」と語るほどに自身の内面をさらけ出している。

本作のロケ地は川村の憧れの地であるアメリカのロサンゼルス。タイトルの「SINCERE」は「誠実な」「心からの」といった意味の言葉で、何事にも一途、そして懸命に取り組む川村の生きる姿勢を表している。DVD付きの特別限定版も発売され、EXILE TRIBE STATION ONLINE SHOPではA4サイズのオリジナルクリアファイル、ローソンとHMV&BOOKS、楽天ブックスではオリジナルカバー、セブンネットではオリジナルポストカードが購入者特典として用意される。

川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)コメント

川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)1stフォトエッセイ「SINCERE」より。

(このフォトエッセイは)人生かけて向き合って作った作品です。
表現者としての幅を伝えられたら……、なのでページをめくっていただくと、あれ?違う人?と間違えるぐらい、何人もの登場人物が存在するような感覚になってもらえると思います。イメージにとらわれない、自分のスタイルを感じてもらえれば嬉しいです。エッセイの部分は、仲のいい友達同士だと、僕はああでこうで、とかまどろっこしい説明をしないですよね。だからこの作品でも、俺こうだから!とズバッと伝えるような距離感で作らせてもらいました。

音楽ナタリー