映画ニュース

最終更新日:2020年03月18日 12:28

「パラサイト」ポン・ジュノが影響受けたキム・ギヨン特集開催、「下女」など10本

「生誕100年記念 異端の天才 キム・ギヨン」と題された特集上映が、大阪のシネ・ヌーヴォで3月21日から27日に開催される。

「生誕100年記念 異端の天才 キム・ギヨン」ビジュアル

「下女」
「玄海灘は知っている」

「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノが多大な影響を受けたと公言しているキム・ギヨン。このたびの特集では彼が監督を務めた10本がスクリーンにかけられる。ラインナップには、妻のいる男が若い家政婦と関係を持ったことから家庭が崩壊していくさまを描く「下女」、太平洋戦争中に日本軍に徴用された朝鮮人青年ア・ロウンの体験をもとにした「玄海灘は知っている」、遺作の「死んでもいい経験」などが並んだ。

なお「下女」はマーティン・スコセッシが設立した世界映画財団の支援により修復作業が施されたレストア版での上映となる。チケットは劇場公式オンライン予約サイトで販売中。上映スケジュールなどの詳細は劇場公式サイトで確認してほしい。

生誕100年記念 異端の天才 キム・ギヨン

2020年3月21日(土)~27日(金)大阪府 シネ・ヌーヴォ
料金:一般 1500円 / 学生、シニア 1100円 / 会員、高校生以下 1000円
<上映作品>
「下女」
「高麗葬」
「虫女」
「異魚島(イオド)」
「火女’82」
「玄海灘は知っている」
「レンの哀歌」
「肉体の約束」
「水女」
「死んでもいい経験」

提供:アジア映画社、シネマヴェーラ渋谷

映画ナタリー