映画ニュース

最終更新日:2020年03月18日 05:03

土屋太鳳が田中圭の妻役で「ヒノマルソウル」出演、親子3ショットも公開

土屋太鳳が、田中圭の主演作「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」に出演していることがわかった。

左から田中圭、加藤斗真、土屋太鳳。

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」ポスタービジュアル

日本が金メダルを獲得した、1998年長野オリンピックのスキージャンプ団体戦を題材とする本作。栄光を支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる物語が、史実にもとづいて描かれる。テストジャンパーたちを率いる西方仁也を田中が演じ、「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の飯塚健が監督を務めた。

土屋が演じるのは、西方を常に見守り応援する妻・幸枝。公開された場面写真には、仁也と幸枝が加藤斗真演じる息子を挟んで肩を寄せ合うシーンが切り取られている。土屋と田中は2015年公開作「図書館戦争 THE LAST MISSION」でも共演。土屋は「大変な撮影を、座長である田中圭さんが引っ張って下さいました」と田中を称賛し、本作に「この貴重な実話がスクリーンを飛び出して、ひとりでも多くのかたへ、届きますように」と思いを込めた。田中は約5年ぶりの共演となった土屋について「本当に大人っぽくなった」と述べ、幸枝に関し「古き良き時代の日本の女性の強さ、しなやかさを持っていて、土屋さんにピッタリ」とコメントしている。

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」は6月19日より全国で公開。田中、土屋のほか、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、濱津隆之、古田新太も出演する。

土屋太鳳 コメント

「なぜ、今」「どうして、自分が」というような、実力でも努力でも超えられない壁。
その壁に挑んだ実話は素晴らしいがゆえに難しく、気象問題含め大変な撮影を、座長である田中圭さんが引っ張って下さいました。
そのチームワークと共に、この貴重な実話がスクリーンを飛び出して、ひとりでも多くのかたへ、届きますように。

(c)2020 映画『ヒノマルソウル』製作委員会

映画ナタリー