映画ニュース

最終更新日:2020年03月16日 12:13

植田圭輔「三大怪獣グルメ」予告公開、主題歌はキュウソネコカミの「おいしい怪獣」

植田圭輔の主演作「三大怪獣グルメ」の予告編がYouTubeで公開。主題歌がキュウソネコカミの新曲「おいしい怪獣」に決定した。

「三大怪獣グルメ」メインビジュアル

「いかレスラー」の河崎実が監督・特撮監督を務め、マンガ「孤独のグルメ」で知られる久住昌之が監修を担当した本作。政府が組織するシーフード怪獣攻撃部隊・SMATが、3大怪獣を国立競技場で海鮮丼にしようする“海鮮丼作戦”を決行するさまが描かれる。植田が寿司屋の息子であり元超理化学研究所員の主人公・雄太を演じ、吉田綾乃クリスティー(乃木坂46)、安里勇哉(TOKYO流星群)、横井翔二郎、木之元亮がSMATメンバーに扮した。また村西とおる、吉田照美、ケイ・グラント、泉麻人、彦摩呂、パラダイス山元らが共演に名を連ねる。

このたび公開された予告編は巨大タコ、巨大イカ怪獣が東京に現れるシーンからスタート。その後、怪獣の肉がおいしいと知り、日本中が怪獣グルメブームに沸くさまが切り取られた。

キュウソネコカミ

河崎のオファーを受け制作された主題歌「おいしい怪獣」。キュウソネコカミは「怪獣に食べられるのではなく、逆に食べてしまうというぶっ飛んだテーマに対し、キュウソも新たな試みを取り入れたぶっ飛んだ曲を用意しました」と述べ、河崎は「昭和の少年にとって特別な響きをもつ『カイジュウ』という言葉を入れ、ナウなヤングのロックバンド諸君がイカした歌にしてくれた。おれはいま、猛烈に感動している!」とコメントしている。

「三大怪獣グルメ」は5月23日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開。

河崎実 コメント

昭和の少年にとって特別な響きをもつ「カイジュウ」という言葉を入れ、
ナウなヤングのロックバンド諸君がイカした歌にしてくれた。
おれはいま、猛烈に感動している!
この歌に乗って、「怪獣ブーム」よ、ふたたび来いっ!!

キュウソネコカミ コメント

怪獣に食べられるのではなく、逆に食べてしまうというぶっ飛んだテーマに対し、
キュウソも新たな試みを取り入れたぶっ飛んだ曲を用意しました。
その名も「おいしい怪獣」
イントロから怪獣たちが大暴れ!!
ぜひ映画館で大音量で聴いてください!

映画ナタリー