映画ニュース

最終更新日:2020年03月16日 07:03

「弱虫ペダル」特報で永瀬廉扮する坂道がお披露目、タイトルコールは山下大輝

永瀬廉(King & Prince)が主演を務める映画「弱虫ペダル」のティザービジュアルと特報が解禁された。

「弱虫ペダル」ティザービジュアル

渡辺航による同名マンガを「旅猫リポート」の三木康一郎が実写映画化する本作。地元の千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が、自転車競技部に入部して仲間のために自分の限界や壁を越え、レースに勝利しようと努力を重ねるさまが描かれる。

ティザービジュアルには、永瀬演じる坂道がママチャリで坂を駆け上がる姿が収められた。永瀬がここまで前髪を短くするのは15、6年ぶりで最初は慣れなかったそうだが、撮影初日にスタッフから「坂道そのものだね!」と声を掛けられ安心した様子を見せていたという。

そしてYouTubeで公開中の特報では、坂道が真剣な表情で自転車を走らせるシーンが映し出されていき、伊藤健太郎演じる今泉俊輔、橋本環奈扮する自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役の橋本環奈も登場する。ナレーションを担当した永瀬は「坂道くんの気持ちに入り込んでナレーションさせていただきました! 1人でも多くの皆さんにご覧いただきたいです!」とメッセージを送った。

特報のタイトルコールには、アニメ版「弱虫ペダル」で坂道に声を当てる山下大輝が起用された。山下は「『恋のヒメヒメぺったんこ』は歌われるのだろうか、鳴子(章吉)くんの赤髪や関西弁はどうなるのだろうか、などまだまだ気になるところがたくさんあります!」「これを機にアニメと映画でコラボレーションし、もっと『弱虫ペダル』を盛り上げたいです!!」と心境をつづっている。

なお特報は3月20日、チラシは3月末から東京・新宿ピカデリー、大阪・大阪ステーションシティシネマほか全国の劇場で順次上映および掲出される予定だ。

「弱虫ペダル」は現在撮影中。8月14日に全国で公開される。

山下大輝 コメント

特報を拝見し、原作の1巻から丁寧に描かれることがわかって、とても嬉しかったです。
「恋のヒメヒメぺったんこ」は歌われるのだろうか、鳴子くんの赤髪や関西弁はどうなるのだろうか、などまだまだ気になるところがたくさんあります! 今後の情報解禁が楽しみでなりません。
タイトルコールで呼んでいただけて本当に嬉しかったので、これを機にアニメと映画でコラボレーションし、「弱虫ペダル」をもっともっと盛り上げていきたいです!!

(c)2020「弱虫ペダル」製作委員会 (c)渡辺航(秋田書店)2008

映画ナタリー