映画ニュース

最終更新日:2020年03月12日 13:33

ナマハゲ題材の仲野太賀主演作に吉岡里帆、寛一郎、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎が出演

仲野太賀が主演を務める「泣く子はいねぇが(仮題)」が、2020年秋に公開決定。追加キャストと場面写真も解禁された。

上段左から吉岡里帆、寛一郎、山中崇。下段左から余貴美子、柳葉敏郎。

「泣く子はいねぇが(仮題)」

本作は「歩けない僕らは」「ガンバレとかうるせぇ」で知られ、是枝裕和率いる映像クリエイター集団・分福に所属する佐藤快磨の商業映画デビュー作。秋田県出身の佐藤が、男鹿半島のナマハゲを題材にオリジナル脚本を書き上げた。主人公は、父親になることや大人になることから逃げてしまった男・たすく。彼が過去の罪と向き合いながら、手放してしまった家族や故郷を取り戻そうとするさまが描かれる。

「泣く子はいねぇが(仮題)」
「泣く子はいねぇが(仮題)」

追加キャストとして、たすくの妻役で吉岡里帆、たすくの親友役で寛一郎、たすくの兄役で山中崇の出演が決定。さらにたすくの母役に余貴美子、ナマハゲ行事を存続する会の会長役に柳葉敏郎がキャスティングされた。

なお現在、本作のクラウドファンディングを「FAN AKITA(ファンあきた)」で実施中。リターンとして佐藤からのメッセージや現場写真、台本ノート、エンドロールへの名前記載などが用意されている。

(c)2020「泣く子はいねぇが(仮)」製作委員会

映画ナタリー