映画ニュース

最終更新日:2020年03月12日 04:08

実写「ムーラン」日本版主題歌は城南海が歌う「リフレクション」、訳詞も担当

ディズニー実写映画「ムーラン」の日本版主題歌が、城南海の歌う「リフレクション」に決定した。

城南海

「ムーラン」日本オリジナルポスタービジュアル

中国の伝説「花木蘭」をもとにした本作では、主人公ムーランが男性と偽って国の運命をかけた戦いに身を投じるさまが描かれる。リウ・イーフェイがムーランを演じ、コン・リー、ジェット・リー、ドニー・イェンが共演に名を連ねた。

城南海

NHK大河ドラマ「西郷どん」の劇中歌「愛、奏でて」などで知られる城。今回の抜擢を「夢が叶って本当に嬉しかった!」と喜び、「ふるさとから出てきて、東京に住んで十数年。なかなか自分らしくいられない時や、本当の自分ってなんだろう、と考えることがすごくあった。そんな自分と歌詞を重ね合わせながら、ムーランの姿も重ねて歌いました」と話している。

城は訳詞も担当しており「私らしい訳詞にしたいなぁと最初に思いました。月を見上げるのが好きなのですが、月は光と闇の狭間にあるので、表と裏、“本当の自分”と“偽りの自分”というものを月にも感じて、歌詞のはじまりは月から景色を描いていきました」と述懐。「ムーランの思いを、ムーランになりきって書きましたが、“私を生きる”というワードがポイントです。ムーランの願いを書きました」と歌詞に込めた思いを語り、「もともとの英語版の母音をイメージし、“Ah”で伸ばすところは“アー”で同じ母音にして伸ばしたり、そういう所も意識しながら書きました」と細かな工夫も明かした。

なお1998年公開のアニメ版主題歌はクリスティーナ・アギレラの「リフレクション」だったが、本作のオリジナル版でもアギレラが再び同曲を歌唱する。彼女の歌声を聴いた城は「すごくパワフルでアニメーション版よりもパワーアップしていて今回の実写版『ムーラン』にぴったりだと思いました。“私も負けないぞ!”と思いました!」と意気込みを語った。現在、城の歌う「リフレクション」と本作の映像を収めたミュージックビデオが、YouTubeで公開されている。

「クジラの島の少女」のニキ・カーロが監督を務めた「ムーラン」は5月22日より全国で公開。

(c)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画ナタリー