映画ニュース

最終更新日:2020年03月11日 12:13

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」アデルの楽曲流れるオープニング解禁

グザヴィエ・ドラン監督作「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」のオープニング映像がYouTubeで解禁された。

左からグザヴィエ・ドラン、アデル。

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」ポスタービジュアル

本作は29歳でこの世を去った人気俳優ジョン・F・ドノヴァンの死の真相が、彼と11歳の少年ルパートが交わしていた“秘密の文通”から明かされていく物語。オープニングでは、ニューヨークの摩天楼とキット・ハリントン演じるジョンの物憂げな表情が捉えられた。映画のタイトルバックとともに、ジョンがふいにカメラ目線になる演出となっている。

バックに流れるのは、アデルの楽曲「Rolling in the Deep」だ。アデルからのラブコールで過去に「Hello」のMVを監督していたドラン。当時、このオファーについては「連絡が来たときはすごく驚いたけど、アデルは僕のデビュー作『マイ・マザー』にすごくインスパイアされていたみたいなんだ。特に主人公ユベールが自身にカメラを向けて語っているモノクロの独白シーンが好きだと言ってくれた。僕もそのシーンが一番好きだったからうれしかったよ」と語っている。

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」

「Hello」からおよそ5年の時を経て、再びタッグを組んだドランとアデル。のちにアデルが「一緒に仕事をして、いつかドランの映画に出てみたいと思った」と強い関心を示していたことから、ドランは重要なオープニングシーンで彼女の楽曲をフルで使用することに決めたという。

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」は、3月13日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

(c)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

映画ナタリー