映画ニュース

最終更新日:2020年03月06日 23:18

【日本アカデミー賞】最優秀作品賞は「新聞記者」、W主演賞と3冠

「新聞記者」が第43回日本アカデミー賞の最優秀作品賞に輝いた。

左から松坂桃李、シム・ウンギョン。

望月衣塑子による同名書籍を原案にした本作は、国家権力の闇に迫ろうとする新聞記者・吉岡と、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務を与えられたエリート官僚・杉原の姿を描いた政治サスペンス。藤井道人が監督、河村光庸が企画・製作を担当した。

「新聞記者」のスタッフ・キャスト。

本日3月6日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式で、杉原役の松坂桃李は「うれしいです。ここにいないスタッフ、関係者の方と今すぐ喜びを分かち合いたい」とコメント。吉岡役のシム・ウンギョンは「計り知れません。なんとも言えない気持ち。光栄です」と満面の笑みで喜びを語る。また藤井も「本当にうれしいしか言えない。もっともっとたくさんのスタッフと力を合わせてこの映画を作ったので、早くみんなに報告したい。桃李くんと同じ思いです」と続けた。

シム・ウンギョンは最優秀主演女優賞、松坂は最優秀主演男優賞にも選出されており、「新聞記者」は計3冠を獲得している。

優秀作品賞

※★印が最優秀作品賞
「キングダム」
★「新聞記者」
「翔んで埼玉」
「閉鎖病棟―それぞれの朝―」
「蜜蜂と遠雷」

映画ナタリー