映画ニュース

最終更新日:2020年03月06日 23:08

【日本アカデミー賞】長澤まさみが最優秀助演女優賞「これからも励んでいきたい」

長澤まさみが第43回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞した。

長澤まさみ

プレゼンターの松坂桃李(右)からブロンズを受け取る長澤まさみ(左)。

これは、本日3月6日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式内で発表されたもので、「キングダム」における楊端和の演技が評価されての受賞。「世界の中心で、愛をさけぶ」で第28回日本アカデミー賞の同賞を獲得していた長澤は「そのときはまだ何もわかっていなかったんですが、歳を重ねるごとにこの仕事の魅力を感じて、自分にできることはなんだろうということを考えながら、日々仕事と向き合ってきました」とこれまでを振り返る。そして「まだ会ったことのない自分を目指して、これからも励んでいきたいなと思います」と笑顔を見せた。

左から天海祐希、小松菜奈、高畑充希、長澤まさみ、二階堂ふみ。

授賞式には、優秀助演女優賞に選出された「最高の人生の見つけ方」の天海祐希、「閉鎖病棟―それぞれの朝―」の小松菜奈、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の高畑充希、「人間失格 太宰治と3人の女たち」の二階堂ふみも出席した。

映画ナタリーでは、このあとも授賞式の模様を引き続きレポートする。

優秀助演女優賞

※★印が最優秀助演女優賞
天海祐希「最高の人生の見つけ方」
小松菜奈「閉鎖病棟―それぞれの朝―」
高畑充希「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
★長澤まさみ「キングダム」
二階堂ふみ「人間失格 太宰治と3人の女たち」

(c)日本アカデミー賞協会

映画ナタリー