映画ニュース

最終更新日:2020年03月06日 22:08

【日本アカデミー賞】吉沢亮が最優秀助演男優賞に、山崎賢人に感謝伝える

吉沢亮が「キングダム」の演技により第43回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した。

吉沢亮

吉沢亮

これは、本日3月6日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式内で発表されたもの。吉沢は「優秀助演男優賞をいただいたときに一番最初に連絡が来たのが主演の山崎賢人でした。『おめでとう』と連絡をくれて、『次は続編で2人で(この会場に)来ようぜ』と熱い話をしていたんです」と山崎賢人とのエピソードを明かす。そして「彼が主演でみんなを引っ張ってくれたおかげで、すごく素敵な作品になったと思う」と感謝を伝え、「これからも素敵な作品を届けられるよう、精一杯がんばっていきます」と真摯に挨拶した。

左から綾野剛、伊勢谷友介、柄本佑、岡村隆史、佐々木蔵之介、吉沢亮。

授賞式には、優秀助演男優賞に選出された「閉鎖病棟―それぞれの朝―」の綾野剛、「翔んで埼玉」の伊勢谷友介、「アルキメデスの大戦」の柄本佑、「決算!忠臣蔵」の岡村隆史、「空母いぶき」の佐々木蔵之介も出席した。

映画ナタリーでは、このあとも授賞式の模様を引き続きレポートする。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

優秀助演男優賞

※★印が最優秀助演男優賞
綾野剛「閉鎖病棟―それぞれの朝―」
伊勢谷友介「翔んで埼玉」
柄本佑「アルキメデスの大戦」
岡村隆史「決算!忠臣蔵」
佐々木蔵之介「空母いぶき」
★吉沢亮「キングダム」

(c)日本アカデミー賞協会

映画ナタリー