映画ニュース

最終更新日:2020年03月06日 12:03

北朝鮮からソ連へ…亡命した若者たちの足跡たどるドキュメンタリー公開

北朝鮮からソ連に亡命した若者たちの人生に迫ったドキュメンタリー「さらばわが愛、北朝鮮」が、5月2日より東京・K’s cinemaほか全国で順次公開される。

「さらばわが愛、北朝鮮」

「さらばわが愛、北朝鮮」ポスター
「さらばわが愛、北朝鮮」

1952年にモスクワ国立映画大学に留学した、北朝鮮の若者8人の足跡をたどる本作。彼らは北朝鮮には帰らず、当時の首相・金日成を批判して1958年にソ連に亡命した。カザフスタンをはじめとするユーラシア大陸各地に移住した彼らのうち、3名は映画製作者となっている。本作の監督はキム・ソヨンが担った。

キム・ソヨン コメント

半世紀以上の間に北朝鮮からソ連へ亡命し、中央アジアへと移動した8名に会い、その足跡をたどるのは確かに困難なことだった。彼らは北朝鮮出身の若いエリートで、1950年代の多くをモスクワ映画大学で学んでいた。金日成を批判しソビエト連邦へ亡命した後、彼らは新たな仕事と家を探すのに大変苦労した。幾人かは映画監督、撮影監督、作家として名を上げた。他の人たちは貧しく死んだか、無名に終わった。このドキュメンタリーは、亡くなった人々を目覚めさせ、様々な方法で彼らに人生を語らせることとなるだろう。
製作に着手した際、8名のうち7名がすでに亡くなっていた。撮影当時の生存者はただ一人が最後のサバイバーであり、朝鮮戦争、南北朝鮮分断、金日成、そしてスターリンの目撃者でもある。彼らは、未だ語られない歴史についての生身のアーカイブである。中央アジアの広大な風景に対抗してアーカイブを収集することは、残された世界で共鳴する声と出会うために、権力に抵抗した若者たちの手法を考察することになるだろう。
これはユーラシア大陸をめぐる大きな敗北と小さな勝利についての壮大な物語である。南北朝鮮分断と再統合についての考察を迫るだろう。

(c)822Films+Cinema Dal

映画ナタリー