映画ニュース

最終更新日:2020年03月06日 12:03

「ブラック・ウィドウ」が描くのは“人生のとても暗い場所”、キャラポスター解禁

マーベル・スタジオ最新作「ブラック・ウィドウ」のキャラクターポスターが解禁。あわせてスカーレット・ヨハンソンのコメントが公開された。

「ブラック・ウィドウ」キャラクターポスター

ヨハンソン演じる“ブラック・ウィドウ”ことナターシャ・ロマノフを主人公とした本作。舞台となるのは「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でアベンジャーズから離れたのち、逃亡中だった空白の時期だ。

ポスターはナターシャのほか、「ミッドサマー」のフローレンス・ピュー演じる“妹”エレーナ、「女王陛下のお気に入り」のレイチェル・ワイズ演じる“母”メリーナ、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のデヴィッド・ハーバー演じる“父”アレクセイのバージョンが用意された。

3人はともにナターシャと疑似家族の関係を築いた間柄で、エレーナはブラック・ウィドウと同等の戦闘能力を持つ妹のような存在だ。天才科学者の“母”メリーナは、暗殺者であると同時に、ある極秘研究に携わっていたという人物。またアレクセイは“ロシアのキャプテン・アメリカ”と呼ばれるレッド・ガーディアンだ。キャプテン・アメリカに対抗心を燃やす一方で、“父”として家族の再会を喜ぶユニークな一面もあわせ持っている。

「ブラック・ウィドウ」

本作ではかつての“家族”の存在を軸に、ブラック・ウィドウが背負う秘密が明らかに。ヨハンソンは「人生のとても暗い場所にいるナターシャが描かれる。彼女は自分自身と格闘していて、どうしたらいいかわからずに呆然と立ち尽くしているような状況なの。そういうときこそ、人は自分自身と向き合わなければいけない」と語っている。

「さよなら、アドルフ」のケイト・ショートランドが監督を務めた「ブラック・ウィドウ」は5月1日に日米同時公開。

(c)2019 MARVEL

映画ナタリー