映画ニュース

最終更新日:2020年03月04日 12:03

レイシストが憎悪に満ちた表情で闊歩する「SKIN/スキン」特報

「リトル・ダンサー」「ロケットマン」で知られるジェイミー・ベルが主演を務めた「SKIN/スキン」のメインビジュアルが到着。YouTubeで特報も公開された。

「SKIN/スキン」メインビジュアル

「SKIN/スキン」

2003年にアメリカで発足したスキンヘッド集団ヴィンランダーズの共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話をもとにした本作。白人至上主義者に育てられ暴力に満ちた生活を送っていた主人公ブライオンが、悪行を悔いて新たな人生を始めようとするさまが描かれる。特報にはハーケンクロイツの旗を掲げたレイシズム団体の中央で、たいまつを手にしたブライオンが憎悪に満ちた表情を浮かべ街を闊歩する姿が切り取られた。

役作りのために短期間で体重を約9kg増やし、本人にも会いに行ったベル。撮影初日、タトゥーなどのメイクを終えた彼を見て、監督のガイ・ナティーヴは悪寒がしたという。またナティーヴは「2012年にブライオンの記事を読んだとき、アメリカはまだ今とは異なる状況にあったけれど、私はすでに破滅の兆しを感じていた。だからこそ、一見不可能に思える変化を経験した男の希有な物語を伝えることが重要だと感じたのです」とコメントしている。

「SKIN/スキン」は5月9日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

ガイ・ナティーヴ コメント

私たちは狂った時代に生きています。人々は希望を失いました。「平和」と「愛」という言葉は無秩序なものとなり、反対に、暴力と憎しみは24時間年中無休で蔓延しています。2012年にブライオンの記事を読んだとき、アメリカはまだ今とは異なる状況にあったけれど、私はすでに破滅の兆しを感じていた。だからこそ、一見不可能に思える変化を経験した男の希有な物語を伝えることが重要だと感じたのです。

(c)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリー