映画ニュース

最終更新日:2020年03月04日 08:13

「非常識!」隣のおばちゃんが布団たたいて叫ぶ、「ミセス・ノイズィ」予告編

「ミセス・ノイズィ」の予告編が、YouTubeで公開された。

「ミセス・ノイズィ」

「ミセス・ノイズィ」

第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された本作。劇中では、ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやインターネットを巻き込んだ大事件へ発展していくさまが描かれる。隣人・若田美和子による騒音や嫌がらせを小説のネタにする吉岡真紀役でドラマ「べしゃり暮らし」の篠原ゆき子が出演。美和子には大高洋子が扮し、長尾卓磨、新津ちせ、宮崎太一、米本来輝、洞口依子、和田雅成、田中要次、風祭ゆきらも共演に名を連ねた。監督と脚本を担当したのは「フィガロの告白」の天野千尋。

「ミセス・ノイズィ」

“隣のおばちゃん”美和子の布団をたたく音からスタートする予告編では、「その戦いは、一枚の布団から始まった」というテロップが映し出される。奇妙な隣人のことを小説に書き話題となる真紀だったが、美和子とのバトルは激化。映像には、美和子が「非常識! それ、非常識! あんたはどこまで非常識!」とリズミカルに布団をたたくシーンや、「ほんと、おかしな世の中よ」とつぶやく様子も収められた。

「ミセス・ノイズィ」は5月に東京・TOHOシネマズ 日比谷、新宿武蔵野館ほか全国で公開。

(c)「ミセス・ノイズィ」製作委員会

映画ナタリー