映画ニュース

最終更新日:2020年03月03日 11:03

大林宣彦「海辺の映画館」17歳のヒロイン・吉田玲捉えたメイキングカット

大林宣彦の最新作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」。本作のキャスト・吉田玲の姿を捉えたメイキング写真が公開された。

左から吉田玲、大林宣彦。

大林が20年ぶりに広島・尾道で撮影した本作。原子爆弾投下前夜の広島にタイムリープした3人の若者が、移動劇団「桜隊」を救うため奔走するさまが描かれる。厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田、成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子らが出演に名を連ねる。

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」メイキング写真

現在17歳の吉田は、本作で戦争を学びたいという思いから映画作品の中へタイムリープする女子学生・希子(のりこ)を演じた。大林は柴口勲の自主映画「隣人のゆくえ あの夏の歌声」を鑑賞したことをきっかけに吉田を知り、2人は尾道にある喫茶店・茶房こもんで面会したそう。

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」メイキング写真
「海辺の映画館―キネマの玉手箱」メイキング写真

メイキング写真には、セーラー服で自転車に乗る吉田の姿が。彼女は「大林監督に招かれ、超ベテランの方々に囲まれ、希子を務めさせていただきました。全てが初挑戦で不安もありましたが、周りの方々に支えられ、楽しく参加することが出来ました」と撮影を振り返った。

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」は4月10日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

吉田玲 コメント

大林監督に招かれ、超ベテランの方々に囲まれ、希子を務めさせていただきました。全てが初挑戦で不安もありましたが、周りの方々に支えられ、楽しく参加することが出来ました。ミュージカル、アクション、ちょっぴりホラー? 皆さんも映画に巻き込まれ、あっという間の3時間です。文章だけでは伝えきれないので、ぜひ観てください。

(c)2020「海辺の映画館̶キネマの⽟⼿箱」製作委員会 / PSC

映画ナタリー