映画ニュース

最終更新日:2020年03月03日 09:08

この世界が気になった、14歳少女の横顔写した「はちどり」ビジュアル到着

韓国とアメリカの合作映画「はちどり」の公開日が4月25日に決定。あわせてポスタービジュアルと場面写真が公開された。

「はちどり」ポスタービジュアル

高度経済成長期を迎えていた1994年の韓国・ソウルを舞台にした本作。孤独な思いを抱える14歳の少女ウニが、不思議な雰囲気を漂わせる女性教師ヨンジと出会い、心を開いていく様子が映し出される。パク・ジフ、キム・セビョク、イ・スンヨン、チョン・インギが出演した。

「はちどり」新場面写真
「はちどり」新場面写真
「はちどり」新場面写真

ポスタービジュアルはウニの横顔に「この世界が、気になった」とコピーが添えられたもの。そして5点の場面写真には、ウニが男子生徒とデートをするシーンや教室で授業を受ける様子、友人とたわいない時間を過ごす姿などが切り取られた。

これが長編監督デビュー作となるキム・ボラが手がけた「はちどり」は、東京のユーロスペースほか全国で順次公開される。

(c)2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.

映画ナタリー