映画ニュース

最終更新日:2020年03月02日 21:33

「マッハ!」監督が手がけるタイ発ホラーアクション公開、モチーフは生首の怪物

タイ発のホラーアクション「ストレンジ・シスターズ」が3月6日から12日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で公開される。

「ストレンジ・シスターズ」キーアート

「ストレンジ・シスターズ」
「ストレンジ・シスターズ」

臓物がぶら下がった女性の生首の怪物・ガスーをモチーフに、姉妹のようにして育ったウィーナーとモーラーが背負う数奇な運命を描く本作。ガスーになってしまった母を持つモーラーを守るため、ウィーナーは呪文・法術・格闘技術を身に付けていた。モーラーが16歳になったとき、彼女の母をガスーへと変えた姉妹ラートリーとドゥワンダーオが動き始める。

「ストレンジ・シスターズ」
「ストレンジ・シスターズ」

「マッハ!」「トム・ヤム・クン!」で知られるプラッチャヤー・ピンゲーオがメガホンを取り、20年来の構想を実現させた。脚本はフォー・レッド・フルーツが担当。またプロイユコン・ロージャナカタンユーがウィーナー役、BNK48のミューニックことナンナパット・ルートナームチューサクンがモーラー役で出演した。予告編はYouTubeで公開中だ。

「ストレンジ・シスターズ」はヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2020」の1本として上映。同映画祭が行われる大阪のシネ・リーブル梅田でも4月16日、17日、19日にスクリーンにかけられる。

(c)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリー