映画ニュース

最終更新日:2020年03月07日 10:33

ディズニー新作「2分の1の魔法」「ムーラン」、新型コロナウイルスの影響で公開延期

ウォルト・ディズニー・ジャパンが、新作映画「2分の1の魔法」と「ムーラン」の公開延期を発表した。

「2分の1の魔法」日本版ポスタービジュアル (c)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

同社は「新型コロナウイルスの感染状況ならびに予防対策のため、来場されるお客様およびご家族の安全と健康を第一に考え、公開を延期することにいたしました」と発表。3月13日公開予定だった「2分の1の魔法」は近日公開とされ、4月17日公開予定だった「ムーラン」は5月22日に封切られることとなった。購入済みの前売り券は、延期後も使用可能。詳細は、決定次第公式サイトでアナウンスされる。

ディズニー&ピクサーの最新作「2分の1の魔法」は、かつて魔法に満ちあふれていた世界を舞台としたアニメーション。本国版ではトム・ホランドとクリス・プラット、日本語吹替版では志尊淳と城田優が声優を務め、ダン・スキャンロンがメガホンを取った。

そしてニキ・カーロが監督した「ムーラン」は中国の伝説「花木蘭」をもとにしたファンタジーアドベンチャー。主人公ムーランが、男性と偽って国の運命をかけた戦いに身を投じるさまが描かれる。リウ・イーフェイがムーランを演じ、コン・リー、ジェット・リー、ドニー・イェンが共演に名を連ねた。

映画ナタリー