映画ニュース

最終更新日:2020年02月29日 12:03

構想5年「PMC:ザ・バンカー」監督とキャストが舞台裏語るメイキング映像

「PMC:ザ・バンカー」のメイキング映像がYouTubeで解禁された。

「PMC:ザ・バンカー」メイキング写真

「PMC:ザ・バンカー」日本版ポスタービジュアル

本作は韓国と北朝鮮の軍事境界線“DMZ”の地下30mに広がる、巨大要塞を舞台としたミリタリーアクション。「テロ,ライブ」で知られるキム・ビョンウが監督を務め、ハ・ジョンウが民間軍事会社PMCの傭兵チームのリーダー、エイハブを演じた。

「PMC:ザ・バンカー」メイキング写真

映像では監督、キャストが構想に5年をかけた映画の舞台裏を証言。「大事なのはバンカーをリアルに見せること」と語るキム・ビョンウは、バンカーのイメージをレゴブロックでスタッフに伝えていたという。撮影は常に3台のカメラで行われたほか、ドローンやGoProを駆使して一人称視点の映像を作り上げた。

「PMC:ザ・バンカー」メイキング写真

また全編の7、8割で英語を話すため、ハ・ジョンウはアメリカで1カ月以上にわたって特訓を行い、すべてのセリフを暗記して撮影に挑んだ。北朝鮮のエリート医師ユンを演じたイ・ソンギュンは「シナリオが斬新で出演するしかないと思った。鑑賞後“監督は天才だ”と思ってもらえたらうれしい」とコメントしている。

「PMC:ザ・バンカー」は東京・シネマート新宿ほかで公開中。

(c)2018 CJ ENM CORPORATION, PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリー