映画ニュース

最終更新日:2020年02月27日 17:03

「007」新作はボンドの集大成、監督キャリー・ジョージ・フクナガが語る映像到着

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」より、監督と脚本を担当したキャリー・ジョージ・フクナガのナレーションを収めた最新映像が公開された。

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」メイキング写真

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」キャラクターポスター

「007」シリーズ第25弾であり、ダニエル・クレイグが5回目のジェームズ・ボンドを演じる本作。現役を退いたボンドが、CIA出身の旧友に助けを求められ、誘拐された科学者を救出する任務に挑むさまが描かれる。ラミ・マレック、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、アナ・デ・アルマス、ラッシャーナ・リンチも出演した。

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

映像でフクナガは「脚本家、そして監督としてボンドを捉え直すことに重点を置いた」と語り、「『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』はボンドの集大成だ。彼が出会ったすべて、トラウマや失ったものまでも。もっとも挑戦的で困難な任務。それが今作の狙いであり、特別なものにしたかった」と本作への思いを明かした。また映像では、激しいカーチェイスや銃撃戦のメイキングも観ることができる。

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」は4月10日より全国でロードショー。

映画ナタリー