映画ニュース

最終更新日:2020年02月26日 19:08

「一度死んでみた」眞鍋かをり、はあちゅう、吉田尚記、宇野常寛らが出演

「一度死んでみた」の追加キャストが発表され、眞鍋かをりらが出演しているとわかった。

「一度死んでみた」追加キャスト。上段左から時計回りにおかやまはじめ、眞鍋かをり、森下能幸、湯浅卓、吉田尚記、遠山大輔、はあちゅう、フォーリンデブはっしー、久慈暁子。

「一度死んでみた」

KDDI「三太郎」シリーズのCMディレクター・浜崎慎治が監督した本作は、父親のことが大嫌いな反抗期の娘・七瀬が、“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだ父を生き返らせるため奮闘するコメディ。七瀬に広瀬すず、七瀬の父である製薬会社の社長・野畑計に堤真一が扮し、野畑製薬の社員・松岡を吉沢亮が演じた。

このたび発表された追加キャストは11名。眞鍋は・野畑製薬の役員・小池役で出演する。同じく役員の菅野役をおかやまはじめ、宇崎役を森下能幸、宋役を国際弁護士・タレントの湯浅卓が担当。そのほか本作には、フジテレビアナウンサーの久慈暁子、グルメエンターテイナーのフォーリンデブはっしー、ブロガー・作家のはあちゅう、お笑いトリオ・グランジの遠山大輔、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記、PLANETS編集長の宇野常寛、アートディレクターの秋山具義も出演している。

リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太らも出演する「一度死んでみた」は、3月20日に全国公開。

(c)2020 松竹 フジテレビジョン

映画ナタリー