映画ニュース

最終更新日:2020年02月21日 16:13

城桧吏の主演作「都会のトム&ソーヤ」公開は7月、相棒役は新人の酒井大地

城桧吏が主演する「都会(まち)のトム&ソーヤ」の公開日が、7月31日に決定。新たなキャスト情報も解禁された。

「都会のトム&ソーヤ」より、内藤内人と竜王創也のキャラクタービジュアル。

はやみねかおるの小説を映画化した本作は、平凡な中学生・内藤内人と大財閥の御曹司で頭脳明晰な竜王創也の同級生コンビが、“究極のゲーム”を作るために推理と冒険を繰り広げる物語。映画初主演の城が内人役を務め、「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の河合勇人が監督、「おっさんずラブ」シリーズの徳尾浩司が脚本を担当する。

「都会のトム&ソーヤ」キャスト。左上から時計回りに豊嶋花、渡邉心結、田村飛呂人、りきまる、山下森羅、吉原徠地。

本作に「スターダストプロモーション 第1回 スター☆オーディション」で選ばれた4名が出演するのは既報の通り。このたびその配役が明らかになった。内人の相棒・創也役を務めるのは、同オーディション男子グランプリを射止めた酒井大地。このたび内人と創也の2ショットキャラクター写真も公開された。同オーディションの女子グランプリ・渡邉心結が、未来を予測することができるお嬢様・真田志穂役で出演。同オーディション特別賞・映画賞を受賞した山下森羅と吉原徠地が、それぞれ今どき女子の中学生・東川綾子役と映画研究部の西本健一役を務める。

さらに内人の好意に気付かず、創也に思いを寄せる同級生・堀越美晴役で、豊嶋花が出演。映画研究部に所属する西沢達夫をスタメンKiDSのりきまる、幕井涼太を第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリの田村飛呂人が演じる。

この発表にあたり、本作で俳優デビューを果たす酒井は「半年前まで、田んぼの中を自転車で走り回っていた普通の中学生だった僕が、内人の相棒。竜王創也という大役をいただけたこと、夢のようで。まだ、信じられません。この環境に心から感謝します。ありがとうございます」とコメントした。

酒井大地 コメント

半年前まで、田んぼの中を自転車で走り回っていた普通の中学生だった僕が、内人の相棒。
竜王創也という大役をいただけたこと、夢のようで。まだ、信じられません。
この環境に心から感謝します。ありがとうございます。
精一杯努めさせていただきますが、演技も何もかもが初めての経験です。
温かい目で見ていただけたらうれしいです。
「夢は見るだけじゃない。叶えるものだ!」
そんなことを、このマチトムを通して、みなさんにお伝えできたら幸せです。
どうぞ、よろしくお願いします!

(c)2020マチトム製作委員会

映画ナタリー