映画ニュース

最終更新日:2020年02月19日 10:58

吉沢亮が「キングダム」でのブルーリボン助演男優賞受賞に「何よりもうれしい」

第62回ブルーリボン賞の授賞式が2月18日に東京・イイノホールで行われ、助演女優賞を獲得したMEGUMI、助演男優賞に輝いた吉沢亮が登壇した。

第62回ブルーリボン賞の授賞式に出席した吉沢亮。

MEGUMI

市井昌秀の監督作「台風家族」、白石和彌がメガホンを取った「ひとよ」に出演したMEGUMI。スピーチでは「この世界に入って初めて、このような大きな賞をいただきました。子供ができたときに『ちゃんとした女優になりたい』とスタッフに話をして、そこを目標にやってまいりましたので、賞をいただけたのは歴代のマネージャーのおかげであり、今のマネージャーのおかげであります」と感謝する。続けて「ずっと憧れて、手が届かなかった世界への距離を縮めてくださった市井監督、白石監督には心の底から感謝しております」と話した。

左から舘ひろし、MEGUMI、門脇麦。

司会の舘ひろしが、「これからもっともっと女優として活動される予定ですか?」と問いかけると、MEGUMIは「そのつもりでございます」と意気込みを語る。同じく司会を務めた門脇麦が受賞について家族の反応を質問すると、「がんばったねと言ってくれました」とほほえんだ。

吉沢亮(右)のマイクを直しに飛んできた舘ひろし(左)。

吉沢は、若き王・えい政と彼の影武者となる漂の1人2役に挑戦した「キングダム」での演技が評価された。スピーチ冒頭、マイクの高さが合わないというハプニングが起きると、すぐさま飛んできた舘が笑いながら対処する。吉沢は恐縮しつつ気を取り直し「このような歴史ある素晴らしい賞をいただきまして、非常に光栄です」と挨拶。「この『キングダム』という作品でいただけたことが何よりもうれしいです。キャスト・スタッフの皆さんと、全身全霊で絶対にいい物にしてやるという熱量で挑んだ作品でした。これからも役者として精一杯成長できるようにがんばっていきたいと思います」と決意を新たにした。

吉沢亮

門脇が「(えい政と漂が)別人のように見えました。演じるうえで意識したことはなんですか?」と問うと、吉沢は「一番は目の動きですね。目力や視線の動きを意識しました」と答える。主演を務めた山崎賢人と共演経験がある門脇は「山崎くんが今まで見たことがない野性的な目になっていましたし、吉沢さんからもすごい気迫や熱量を感じました」と述べた。舘が主演を務めた「さらば あぶない刑事」にも出演した吉沢。共演シーンはわずかだったものの、舘は「あのときもっとゴマすっときゃよかったかな」とジョークを飛ばし、観客を笑わせた。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※えい政のえいは上に亡、中に口、下左から月、女、迅のつくりが正式表記

映画ナタリー